ニュース

昨日(7/11)のニュースまとめ

2018年の7月に行われるG20までに各国は暗号通貨の規制案を提示することになっているが、その期限は刻々と迫ってきている。そしてそれに合わせるように取引所、規制当局、市場、証券会社、銀行なども動きを見せてきている。「暗号通貨はもう終わった」とする人も多いが、そうではない、暗号通貨の時代はまだ始まってはいない。規制が本格的に整備され各国が国際的に協力して体制を整えるこれからが、暗号通貨時代の幕開けといえる。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 日本法人設立に動くBinance

  2. G20、仮想通貨は通貨ではなく資産との見解

  3. ドイツ取引所グループがR3のブロックチェーン技術導入

  4. ドイツ、医療データ管理にブロックチェーン技術を利用

  5. 日本のキャッシュレス決済握る三菱UFJグループ

  6. ロシアは暗号通貨業界にどう動く

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]