ニュース

昨日(7/11)のニュースまとめ

2018年の7月に行われるG20までに各国は暗号通貨の規制案を提示することになっているが、その期限は刻々と迫ってきている。そしてそれに合わせるように取引所、規制当局、市場、証券会社、銀行なども動きを見せてきている。「暗号通貨はもう終わった」とする人も多いが、そうではない、暗号通貨の時代はまだ始まってはいない。規制が本格的に整備され各国が国際的に協力して体制を整えるこれからが、暗号通貨時代の幕開けといえる。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

  2. 詐欺的な会社を判別するサイト開設[ベルギー]

  3. 電子マネー発行に対する規制[ルーマニア]

  4. 岩手銀行ら4行ブロックチェーン技術を活用したプラットフォーム開発[特許…

  5. xCurrentからxRapidへ[活用機会拡大へ/中国市場への影響]…

  6. LiquidNetworkでの実証実験、開発支援プロジェクト[国内の動…

PAGE TOP

ニュース

SBI HD,新たな子会社設立[マイニング専用チップ・システムの開発製造]

ニュース

QUOINE、レバレッジ取引サービスの変更へ

ニュース

Bitmain、雨期の水力発電を狙いマイニング装置の設置計画か

ニュース

Huobi、IEOとは異なる新たなプラットフォーム設立

ニュース

JCBAによるICO規制についての提言[それぞれの性質に合わせた規制]

ニュース

Facebook、ブロックチェーン部門で新たな求人

ニュース

昨日(3/21)のニュースまとめ

ニュース

22日、カンファレンスイベント開催