ニュース

昨日(7/11)のニュースまとめ

2018年の7月に行われるG20までに各国は暗号通貨の規制案を提示することになっているが、その期限は刻々と迫ってきている。そしてそれに合わせるように取引所、規制当局、市場、証券会社、銀行なども動きを見せてきている。「暗号通貨はもう終わった」とする人も多いが、そうではない、暗号通貨の時代はまだ始まってはいない。規制が本格的に整備され各国が国際的に協力して体制を整えるこれからが、暗号通貨時代の幕開けといえる。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 日銀副総裁、フィンテックの業務活用に言及

  2. 国防総省職員採用、暗号通貨の影響

  3. BTCではなくICOを証券化すべき、との声

  4. ティム・ドレイパー氏、ビットコイン企業Hedgyに120万ドルを出資

  5. SEC「ETHは証券ではない」

  6. G20、仮想通貨規制を議論へ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]