ニュース

販売所と取引所の違いとは?[初心者向け]

暗号通貨の取引所、といつも表記しているが、厳密にいえば「取引所」と「販売所」と分類わけすることができる。ではこの「販売所」と「取引所」ではどういった違いがあるのだろうか。

  • 販売所とは、暗号通貨を販売する所となっている。誰か知らない人から各暗号通貨を購入するのではなく、その運営会社からコインを購入する形をなっている。
  • 取引所、とは取引を行いたい人同士で取引を行う形式のこと。例えばビットコイン(BTC)を買いたい人と売りたい人で取引を行う形となっている。例えば、売りたい側が100万円を提示し、買いたい側が70万円を提示していれば取引は成立しない。通貨の種類はもちろん、値段など双方の意見が合致して取引が成立するようになっている。

販売所と取引所の違いは相手とその方法ということになる。販売所では企業が提示している値段を交渉することはできないが、その金額を支払えば確実にそのコインが手に入る。取引所では、取引を行う両者が納得できればいいので価格についての融通が利くといった形となっている。

販売所ではスプレッドが存在するため、「販売所取引は損する」と考えている方もいるが、仮に価格が急騰して、自分は買いたいが売る人がいないといった事態に陥った時、販売所であれば確実に手に入れることができる。また暴落し手放したいと思っても、買ってくれる人が誰もいない、といったときにも販売所を利用することで手放すことが可能になる。取引所のほうが自身で価格の動きを見ながら取引ができる分、普段の使い勝手はいい。しかし販売所は取引を行ってくれるような存在がいないときの緊急手段として利用できる。

各交換業者によって特徴は存在するが、同様に取引手段についても利点欠点が存在するため、両方の特徴をうまく利用して取引を行うことをお勧めする。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. SBI仮想通貨4種取扱予定

  2. 昨日(6/26)のニュースまとめ

  3. 韓国取引所ビッサムが独自トークン発行

  4. 世界最大級のフィンテック・カンファレンスにリップルのCEO登場

  5. 仮想通貨で儲かった人はリタイヤ生活?

  6. 世界有数の金融企業、暗号通貨業界へ参入か

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

貿易の安全性・透明性の改善へ[シンガポール]

ニュース

SBI VC新規口座開設開始

ニュース

ICOの現実 ホワイトペーパーの存在

ニュース

Basic Attention Token(BAT)とは?

ニュース

ステラのBCを利用したステーブルコイン、IBM支援

ニュース

昨日(7/19)のニュースまとめ

ニュース

金融機関、KYCの共同化[日本]

ニュース

GMO、ネット銀行事業開始