ニュース

暗号通貨企業へ動く銀行、国はどう出るか

ドイツの銀行、ソラリスバンクは暗号通貨・ブロックチェーン業界の顧客を対象にしたサービスを新たに開始した。このサービスは直接的、または間接的に暗号通貨・ブロックチェーン関連企業に対して財務管理サービスを提供するものとなる。簡単に言えばこれらの業界に理解のある銀行、ソラリスバンクが後ろ盾となってくれるということだ。

いままで暗号通貨・ブロックチェーンの関連企業は国が規制を設けていなくとも、各銀行の判断でサービスを停止されたり、拒絶されたりすることで強制的に同業界から撤退せざるを得ない状況へと追い込まれていた。そのため国規模で統一されて、明確な規制のあるマルタ島、バハマ諸島へ企業は集中するしかない状況にある。(島国の取り組み→https://coinsforest.com/p/11247/)

しかし今回ソラリスバンクは暗号通貨・ブロックチェーン関連企業をターゲットに特別銀行口座を提供するサービスを開始する。このサービスを利用することで同技術関連企業は金融機関のサービスを安心して利用できるようになるのだ。しかもソラリスバンクはSBIグループやVisaなどの有名企業からの資金調達に成功し、マスターカードしゃと提携するほどの将来性にも期待できる銀行となっている。

ドイツは現在暗号通貨関連への規制は必要だとしながらも、規制は行われていない。ただG20で国際的な規制の基準を提出するとされている期限は迫ってきているので、G20後に大きな動きがみられるのではないかと考えられる。またドイツ経済は現在不安視されている状態にあるため、その不安から暗号通貨へ資金が流入する可能性もあるかもしれない。ドイツ最大の民間銀行が大株主である中国企業の影響を受け、経営悪化に陥り、結果同国の経済にも影響を及ぼすのではないかとみられている。2年前にもギリシャ問題・自動車メーカーのフォルクスワーゲン問題などから同銀行は経営危機に面していた。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. インド大手商業銀行とRipple社提携[国際送金の利便性向上]

  2. タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

  3. イラン、マイニングを正式な産業として認可

  4. ミクシィのフンザが「Coincheck Payment」導入しチケット…

  5. ジョージ・ソロス「ビットコインはバブル」

  6. アメリカで俳優が宣伝しているICOに中止命令

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/20)のニュースまとめ

ニュース

SBI,地域独自電子通貨発行支援

ニュース

ドイツでSTOプラットフォームの認可

ニュース

韓国取引所の97%が経営危機[市場縮小と取引所の信頼]

ニュース

楽天ウォレット、現物取引サービス開始

ニュース

【bitFlyer】Tポイントでビットコインの購入可能に‼

ニュース

送金サービス[One Pay FX]、ラテンアメリカでの提供準備[xCurren…

ニュース

ニューヨーク州最高裁、NYAGの調査許可[Bitfinex/Tether]