ニュース

遂にリリース!くりぷ豚

以前本サイトでも紹介した暗号通貨のアプリゲーム、くりぷ豚はブロックチェーン上で豚を育成・交配していく育成ゲームとなっている。同じようなゲームとしてはクリプトキティーズが挙げられる。

ウォレットアプリを入れて、このくりぷ豚をインストールして、と本格的なものとなっている。また国内産のアプリであるため、説明も丁寧に行われており、暗号通貨初心者であっても楽しく遊べるような環境となっている。

国内の暗号通貨アプリとしては8月でサービス終了してしまうが金塊ハンターというものがある。ゲームアプリなど、こうして取引所だけでなく身近なサービスとして、暗号通貨やブロックチェーンが利用できる機会が増えるのは喜ばしいことだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 分散型台帳技術・暗号通貨関連法案承認[マルタ]

  2. ビットフライヤーが一部メディア報道に反論

  3. 知らないうちにXRPを利用する環境へ

  4. ユーロ銀行協会 「ブロックチェーンは銀行業の発展に役立つかもしれない」…

  5. CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

  6. LINE、金融業界へ動き出す

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]