ニュース

遂にリリース!くりぷ豚

以前本サイトでも紹介した暗号通貨のアプリゲーム、くりぷ豚はブロックチェーン上で豚を育成・交配していく育成ゲームとなっている。同じようなゲームとしてはクリプトキティーズが挙げられる。

ウォレットアプリを入れて、このくりぷ豚をインストールして、と本格的なものとなっている。また国内産のアプリであるため、説明も丁寧に行われており、暗号通貨初心者であっても楽しく遊べるような環境となっている。

国内の暗号通貨アプリとしては8月でサービス終了してしまうが金塊ハンターというものがある。ゲームアプリなど、こうして取引所だけでなく身近なサービスとして、暗号通貨やブロックチェーンが利用できる機会が増えるのは喜ばしいことだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 【続々登場】カンボジアも独自の仮想通貨を発行へ

  2. 【速報】中国で暗号通貨取引所が閉鎖か

  3. ロシア、「デジタル署名」の地位が確立し芸術分野で大きく躍進するか

  4. 昨日(8/29)のニュースまとめ

  5. 金融庁、暗号通貨を有価証券とすべきか議論

  6. 投資教育でサービス強化、KDDI

PAGE TOP

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

ニュース

ICOへの規制どうなるか[SEC、ICO強化へ動く?]