ニュース

モルドバ共和国の規制状況

モルドバは現在暗号通貨に対して明確な規制は設けられていない。ただ、同国中央銀行であるモルドバ国立銀行は、価格変動からなるリスクや暗号通貨関連詐欺が横行していることから国民に対しては再三警告を行っている。

暗号通貨に関しての規制・動きは特にみられないが、ブロックチェーン技術に対しては動きがみられる。同国では大きな問題となっている児童の人身売買を防ぐために、国連機関と協力し、ブロックチェーン技術を利用した身分証明を開発に取り組んでいる。紙を利用せず、児童が身に着けていなくとも、ブロックチェーン上には情報があるため、保護した子供たちを親元へ帰すことができるようになる。(→https://coinsforest.com/p/4970/)

モルドバ共和国は農業・食品加工が中心の産業となっており、エネルギー分野はロシアに依存している。また現在の同国大統領はロシアに対して友好的な人物が就いている。しかし長期的な外交目標はEU加盟と近隣諸国との関係強化となっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. R3のCordaでXRP採用[流動性確保なるか]

  2. 一週間(7/15~7/22)のニュースまとめ

  3. スペインで「ブロックチェーン企業への特別減税法」検討か

  4. EUにも影響か?フランス、厳しくなる監視の目

  5. 日米欧の金融機関で国際送金への動き[取引手数料や取引処理時間]

  6. ハリウッド、暗号通貨をテーマに映画作成

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

ニュース

昨日(8/22)のニュースまとめ

ニュース

テックビューロ社、交換業廃業[顧客への返金手続き]

ニュース

コインチェックでIEO事業検討[国内取引環境に変化も]

ニュース

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]