ニュース

レンディングサービスとは?

GMOコインやビットバンクで行われているレンディングサービスとはいったいどういったものなのだろうか。このサービスは銀行のサービスに言い換えれば「定期預金」に当てはまる。自身の保有している暗号通貨を取引所へ貸し出し、一定期間を経て利子とともに自身の暗号通貨を受け取る。一見魅力的に見えるサービスだが、まだこうしたサービスは利用できる状況ではないのではないかと思われる。

銀行などと異なり、このサービスは預金保険の対象とはならないため、利用するに踏み切れない方もいるのではないだろうか。(預金保険とは金融機関が破綻しても、預金者の預金は限度額分保護される保険制度のこと)法定通貨、日本円への絶望感から暗号通貨を所有している人もいるだろう。そういった人の場合、暗号通貨を利用して法定通貨を増やすのではなく、暗号通貨を利用して暗号通貨を増やすというサービスのほうが魅力的に思える。しかし保険制度も整っていない状況で、こうしたサービスを利用するのは難しいのではないだろうか。

日本国内だけでなく、海外の取引所でもこうしたサービスはある。国内では年利が多いが、海外では日利を採用している場もある。しかし戻ってこない可能性もあるため、やはりこれも利用できる状況にはないだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. bitFlyer,Huobiで最短即日口座開設[犯収法改正]

  2. 日銀、分散型台帳技術(DLT)導入はまだ先か

  3. 取引所BITPoint、キャンペーン延長[平成最後の新規口座開設]

  4. カード型ウォレットWodca,サービス開始

  5. 昨日(1/6)のニュースまとめ

  6. 「ペトロ」の需要に高まる不信感

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

ノアコインを所有しているのですが…[コインの森なんでも相談]

ニュース

マルタ、Binanceが認可を得ていないことを公表[法規制準拠とは]

ニュース

FCoin、再開計画に関する協議を発表[時間稼ぎが目的?]

ニュース

JCCA,消費実態調査公表[使い分け派をキャッシュレス派へ]

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

みずほ「個人向けデジタル社債」提供へ[ブロックチェーン]

ニュース

スウェーデン、CBDCに関する実証実験[キャッシュレス]