ニュース

レンディングサービスとは?

GMOコインやビットバンクで行われているレンディングサービスとはいったいどういったものなのだろうか。このサービスは銀行のサービスに言い換えれば「定期預金」に当てはまる。自身の保有している暗号通貨を取引所へ貸し出し、一定期間を経て利子とともに自身の暗号通貨を受け取る。一見魅力的に見えるサービスだが、まだこうしたサービスは利用できる状況ではないのではないかと思われる。

銀行などと異なり、このサービスは預金保険の対象とはならないため、利用するに踏み切れない方もいるのではないだろうか。(預金保険とは金融機関が破綻しても、預金者の預金は限度額分保護される保険制度のこと)法定通貨、日本円への絶望感から暗号通貨を所有している人もいるだろう。そういった人の場合、暗号通貨を利用して法定通貨を増やすのではなく、暗号通貨を利用して暗号通貨を増やすというサービスのほうが魅力的に思える。しかし保険制度も整っていない状況で、こうしたサービスを利用するのは難しいのではないだろうか。

日本国内だけでなく、海外の取引所でもこうしたサービスはある。国内では年利が多いが、海外では日利を採用している場もある。しかし戻ってこない可能性もあるため、やはりこれも利用できる状況にはないだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(8/6)のニュースまとめ

  2. bitFlyerヤマダ電機と提携もアクセス難航続く

  3. BancorがICOでbrave超えの前人未到、1億ドル以上の調達に成…

  4. RippleゲートウェイのMr.Ripple、ADAコイン取扱開始

  5. インドの国営銀行がブロックチェーン導入

  6. 昨日(2/21)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

昨日(9/21)のニュースまとめ

ニュース

SBLOCK2.0の運用停止・換金・出金方法[コインの森なんでも相談室]

ニュース

マレーシア、NEMを活用した学位証明[教育]

ニュース

経産省、ポイント還元のための地図アプリ公表[キャッシュレス決済]

ニュース

IINに東南アジア大手金融機関OCBC、加盟[送金]

ニュース

Facebook、Libraの担保となる資産割合開示

ニュース

UAE,医療分野でブロックチェーンを導入

ニュース

独立行政法人経済産業研究所、ブロックチェーンに関するシンポジウム開催