ニュース

伊藤穰一氏、ビットコインとブロックチェーンの現状を危惧

米国MITのメディアラボ所長を務める伊藤穰一氏は、これまでにもMIT内にデジタル通貨イニシアチブを創設したり、仮想通貨に関して様々な動きを見せているが、先日自身のウェブサイトにてビットコインとブロックチェーンに関して現状感じていることを記述している。

参考元:http://joi.ito.com/jp/

この中で同氏は、ビットコインやブロックチェーンの革新的で世界を変えうる可能性に言及しながらも、本質をよく理解していない外部の人々が技術の発展に対し大きな障害を作っている、と述べている。

仮想通貨の業界は、急速に発展しているとはいえまだまだ規模は小さく、一般的な理解も追いついていない部分は否めない。

伊藤氏のような世界の最先端を切り開く人物が、現状をどのように感じているのか?是非一度上記ウェブサイトを訪れてみてほしい。

関連記事

  1. ビットフライヤーは資金洗浄の温床

  2. 金融庁が「みなし仮想通貨交換業者」を公開

  3. 陰転シグナルの発生を警戒【フィスコ・ビットコインニュース】

  4. 台湾でビットコイン保持が違法に

  5. bitFlyerの新上場銘柄は「LISK」

  6. シンガポール、投資家保護に向けた仮想通貨の規制を検討

PAGE TOP

ニュース

東南アジア諸国のブロックチェーン市場急成長[各国の取り組み状況]

ニュース

Zaif、MONA・BCHの流失額公表[各機関・団体の対応]

ニュース

昨日(9/21)のニュースまとめ

ニュース

RippleNet拡大、XRP急騰[ついに動き出したリップル]

ニュース

Binance、世界を制する取引所へ

ニュース

LINE,日本の暗号通貨業界をけん引していく存在へ

ニュース

昨日(9/20)のニュースまとめ

ニュース

NY当局に目をつけられた暗号通貨取引所[NYはもう金融の中心地ではなくなる]