コラム

暗号通貨支持しているのに、現金決済ですか?

暗号通貨はスマホで送金・決済ができるため便利だとされているが、日本では課せられる税金の高さから、決済手段として利用しやすい状況ではない。日本ではそれでも暗号通貨決済を導入している店舗は多くある。また暗号通貨に関心を示し、実際に購入している人も多くいるため暗号通貨市場規模は世界的なものとなっている。そんな「利便性」を求めているのにもかかわらず、キャッシュレスが進まないのは何故だろうか。

もちろん暗号通貨の魅力は決済・送金の利便性だけでなく、中央集権からの脱却という思想的な魅力もあるだろう。しかし「送金速度」「取引速度」を魅力と感じている人が多いように決済の利便性を高めるものとして、期待している人も多いかと思われる。これだけ決済の利便性を高めたい、決済に時間をかけたくないと考えている人が多いのにもかかわらず、未だに現金志向が手放せないのは何故だろうか。

現金のほうがどれだけ使ったか理解できる、という人もいるがデジタルなものでも履歴は残るうえに確認もすぐにすることができる。チャージ式の電子マネーが手間だと考えるのもわかるが、今やだれもが利用しているアプリLINEでも決済ができるようになっている。しかし利用している人を見かけない。筆者自身LINEPayを利用しているが、周りが使っていないためせっかくある割り勘機能は機能しない状況にある。日本がキャッシュレスに進むには何が必要なのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 仮想通貨取引所の登録制導入か

  2. 第3の仮想通貨?

  3. 暗号通貨で資金調達の明暗

  4. クリプト君の「仮想通貨でトレード」のまとめ

  5. 投票結果!このビットコインの下落をどう見ている!?

  6. 平和と共に通貨革命を

PAGE TOP

ニュース

EVETokenとは?取引所bitcastle[コインの森]

ニュース

Nayuta、NayutaWalletソースコード公開

ニュース

BitClub、詐欺で逮捕

ニュース

竹田泰氏、ステーブルコイン[xcoin]発行計画[プライベートチェーンでの発行]…

ニュース

取引所HuobiでBTC還元キャンペーン

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

1週間(12/3~12/10)のニュースまとめ

ニュース

関西電力・日本ユニシス、共同研究[ブロックチェーン]