ニュース

政府機関のペーパーレス化[オーストラリア]

オーストラリア政府はIBMと提携しブロックチェーンでデータ保護を行う。この提携ではIBMがブロックチェーン技術やAIなどの最先端技術を提供するものとなっている。いぜんからオーストラリア政府はペーパーレス化に取り組んでいたため、この提携はこうしたデータをブロックチェーン上で処理することで政府機関の書類をデジタル化しようという試みの一環ではないかと思われる。

オーストラリアは暗号通貨やブロックチェーンに対して友好的な国であり、その技術の導入も速い。同国では暗号通貨決済が進み、観光客が買い物する際に煩わしさを感じさせないように観光地やタクシーなどの決済に暗号通貨を利用できるようになっている。政府機関が積極的にブロックチェーンを活用していくため、一般の民間企業でも導入しやすい環境となっているのではないだろうか。

政府機関が一斉にペーパーレス化することで、何かの証拠が必要とされたとき探しやすくなり、またキャッシュレスと同じように紙の節約にもなる。またブロックチェーン上に記録するということで改ざんの恐れもなくなる。政府機関の透明性・信用度を上げるためにも日本にもこうした取り組みは必要ではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ワイオミング州、暗号資産を分類する法案可決[通貨としての扱い]

  2. 下落の影響受け、マイナー撤退相次ぐ[Bitmainは訴訟]

  3. アリババ、ブロックチェーンによる送金実験成功

  4. グーグル、独自のブロックチェーン関連のテクノロジー開発へ

  5. 英CMCマーケッツ、仮想通貨取引サービスの提供開始

  6. LINE,日本の暗号通貨業界をけん引していく存在へ

PAGE TOP

ニュース

昨日(6/18)のニュースまとめ

ニュース

国内取引所BITPoint[取引所まとめ]

ニュース

韓国公正取引委員会、取引所利用規約に是正勧告[利用者資産の保護]

ニュース

Ripple社とMoneyGram、戦略的提携[xRapidの利用]

ニュース

Binance,BTC担保のコイン発行[DEXでの流動性向上]

ニュース

昨日(6/17)のニュースまとめ

ニュース

出金アドレスとは?[コインの森なんでも相談室]

ニュース

コインチェック事件、ロシア系ハッカー関与の可能性浮上[SumoLogic採用で監…