ニュース

暗号通貨規制は必要か、調査に動き出す[ケニア]

ケニアの財務長官が暗号通貨の市場調査を言い渡された。2週間後議会に報告書を提出し、同国内での暗号通貨への規制が必要かどうかを判断する。

ケニア中央銀行(CBK)は国民に対し「暗号通貨は法定通貨として認められていない」と警告を行い、国内の全銀行に対しても「暗号通貨取引、または暗号通貨に関連する企業との取引には注意を払うように」との警告を行った。ただ、上記のように明確な法規制の整備は行われていない。ただ、暗号通貨そのものに関して否定的であるわけでもない。政府・中央銀行はブロックチェーン技術への支持を表明しており、今年3月には大統領の指示でブロックチェーンタスクフォースが設立されている。こうした取り組みからブロックチェーン企業がケニアに拠点を設けている。

今回、長官は規制が必要かどうかの市場調査を求められているが、そもそも何の規制も引いていなかった同国では暗号通貨取引所の営業状況やその規模・数も把握できていないため、2週間では把握しきれないのではないかと思われる。長官は「暗号通貨の問題は日々進化しており、それに関する規制は革新を促進させるか殺すかのものになるため、正確で詳細な情報が必要だ」と述べた。ただブロックチェーン技術に関して意欲的であり、そうした産業を促進していきたいと考えるのであれば規制は必要となるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 1週間(11/4~11/11)のニュースまとめ

  2. トルコとイランも独自の仮想通貨発行を検討中

  3. 金融規制当局、法令の準拠を不安視[オランダ]

  4. 税金関連犯罪対策に新組織結成

  5. ついに保険業界も参入、大口投資家参入促せるか

  6. 相次ぐ暗号通貨業者の撤退

PAGE TOP

ニュース

Coinbase Commerce、2種のステーブルコイン採用[USDC・DAI…

ニュース

KYCCとマネーパートナーズ業務提携[暗号通貨業界の健全化へ]

ニュース

暗号通貨ウォレットWodca,アプリリリース[暗号通貨の管理より簡単に]

ニュース

SBI,アート市場でのブロックチェーン活用[アートバーンへ追加出資]

ニュース

昨日(5/23)のニュースまとめ

ニュース

キャッシュレス決済サービス、PayPayとは[利用可能店舗]

ニュース

スマホ決済[PayPay]を悪用[クレジット情報などは厳重に管理を]

ニュース

ホンダとGeneral Motors、共同開発へ[ブロックチェーン活用]