ニュース

「回答していただければ報酬渡します」

以前フィッシング詐欺が急増していると本サイト、コインの森でも伝えたが、暗号通貨取引所を装わずに行うものもあるようなので、お知らせする。→https://coinsforest.com/p/11543/

一番多いものはやはり暗号通貨取引所を装ったメールなどになるのだが、中には「アンケートに答えてください」といった調査の体を装ったメールが送られてくるようだ。アンケートに回答するとお礼としてビットコイン(BTC)などの暗号通貨を支払うと、報酬をちらつかせ、個人情報を盗もうとする。またこの報酬を送るために個人ウォレットを教えてほしいとし、ウォレット情報も盗もうとするようだ。

何度も言うが全ての物事は一度疑ってみることが大事だ。メール・電話に限らず商品すべてに必要なことだ。何かの論文でもどういった実験・対象・規模をもとにしているのか、「何を根拠」としているのかを調べる必要がある。「花粉を水に変えるマスク」なんて詐欺商品も大学教授が推薦してはいるものの根拠となる実験データは存在しない。効能の根拠となる医学論文も存在しない。そうしたものが平気で出回っている世の中なのだ。最初から鵜呑みにするのではなく、一度立ち止まってすべての物事を疑い、著名人・知識人・有名企業そうした名前に惑わされずに、冷静に考えてみることが大事である。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 米ツイッター、仮想通貨詐欺の防止策を導入か

  2. 第4次産業革命に動く日本[未来投資戦略]

  3. クリミア半島で職員が不正マイニング

  4. 日韓でブロックチェン送金を試行

  5. ニュージーランドでICOの警告広がる

  6. XRP,ブリッジ通貨としての準備着実に[インドネシア・トルコ等の取引所…

PAGE TOP

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始

ニュース

監視ツール[SHIEDL]公式リリース

ニュース

BSV、アップデート[Quasar]予定【ブロックサイズ128MBから2GBへ】…

ニュース

BofA,Ripple社技術引用[RippleNet・xCurrent]

ニュース

Fidelity子会社、信託業登録申請[大手金融企業の動き]

ニュース

昨日(7/20)のニュースまとめ