ニュース

ブロックチェーンでホームレス・難民などの問題を解決へ

テキサス州でブロックチェーンを利用したIDシステムを利用して、ホームレスの身分証明などのデータ管理を行うプロジェクトが発表された。

このブロックチェーンで個人データを管理することで、自身で身分を証明できないホームレスであっても、医療サービスを受けることが可能になる。こうしたブロックチェーンを活用した個人データ管理はホームレスだけでなく、難民でも誘拐された子供などでも活用されている。

フィンランドではブロックチェーン技術を活用して難民のデータを管理し、個人ごとにデビットカードを発行することで難民管理を行い難民が違法で安い賃金の職に就くことへの対策を行っている。また正式な身分証明書がないような子供の人身売買を防ぐために、子供たちの個人識別情報をブロックチェーンで管理し、人身売買を防ぎそれによる強制労働や背的被害の問題を解決しようとする取り組みも行われている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ナイジェリアの仮想通貨規制が強化

  2. SBIがブロックチェーンと人工知能のファンド設立

  3. Googleに続きTwitterも広告規制

  4. 国内取引所の動き[CoinCheck再開・QUOINE選出]

  5. 大物投資家ジョージ・ソロス氏、暗号通貨投資計画

  6. アリババ、ICOも含め暗号通貨関連の一切を禁止

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは