ニュース

マイニングプログラムを不正に埋め込み、有罪

マイニングを所有者の同意も得ずに、勝手に他人のPC能力を利用して行ったとして、不正指令電磁的記録供用などの罪に問われた安田成利被告に対し、仙台地裁は懲役1年・執行猶予3年の判決を言い渡した。今回の件はマイニングそのものが違法というわけではなく、同被告がゲーム内のアイテムに自作の他人のパソコンにマイニングをさせるプログラムを埋め込み、無断でマイニングを行わせたことが有罪判決となっている。同被告は自作で2種のプログラムを開発していた。

マイニングとは→https://coinsforest.com/mining/

今回の判決では「プログラミング知識・技術を悪用した犯行で、実際に利益も得ていることから社会影響を軽視することはできない。」と指摘した一方で、反省の姿勢から執行猶予が付けられた。ただ勘違いしないでほしいのは「マイニング」自体が違法のものではないということだ。ユニセフやNBAチームの慈善活動にも利用される画期的なものである・

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Basic Attention Token(BAT)とは?

  2. 世界のICO警告まとめ

  3. ハッカーにより約2500ETH盗まれる

  4. LINE,日本の暗号通貨業界をけん引していく存在へ

  5. 【速報】韓国政府「仮想通貨規制担当」が自宅で不審死

  6. 取引所SBI VC、ビットコインキャッシュ(BCH)の上場廃止

PAGE TOP

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

[初心者向け]ウォレットとは?ウォレットの種類

ニュース

ビットポイント流出事件の現状報告[現物での払い戻し検討]

コインの森のなんでも相談室

MiningCityて大丈夫ですか?[コインの森相談室]

ニュース

Ehereumのスケーラビリティ問題一時解決策としてBCH活用

ニュース

Facebook暗号通貨プロジェクト[Libra]の公聴会

ニュース

昨日(7/15)のニュースまとめ

ニュース

Santander提供送金アプリ[OnePay]、ポーランドも対応