ニュース

暗号通貨規制ガイドライン発表[韓国]

韓国の金融委員会(FSC)は暗号通貨取引における反資金洗浄(AML)と本人確認(KYC)に関する新たな規制ガイドラインを発表した。

今まで韓国の金融委員会・金融監督院は政府に「暗号通貨市場を肯定し、発展を促している」と判断されることを恐れ規制・基準を設けることに消極的な姿勢だった。しかし、同国でハッキング事件が相次いだため、政府が市場規制は必要と判断し、今回の規制ガイドラインが出来上がった。今回のガイドラインでは資金洗浄などに使われることを防ぐために不審な取引は決済を防止すること、犯罪者が他人名義の口座を作る可能性もあることから、新規顧客の動向も監視することなどの細かな管理・監視が求められている。

この規制により、暗号通貨取引所は他の金融機関と同水準の高いセキュリティ体制・資産保護が求められる。しかし顧客の資産を預かっている、という状況を考えればこの要求は当然のことだ。取引所に資産を預けず、個人ウォレットが必要とする取引所であればまた別かもしれない。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ブロックチェーン技術等への制度研究会発足[日本]

  2. 非中央集権は幻想か

  3. 昨日(5/25)のニュースまとめ

  4. R3のブロックチェーン上で証券取引が成功

  5. 交換業者・ウォレット業者等に課せられる法規制[2019年]

  6. インド中銀の禁止令は違憲と判断

PAGE TOP

ニュース

TradeStation、Bakkt・CME提供オプションに対応[マネックス]

ニュース

昨日(1/28)のニュースまとめ

ニュース

イスラエル、規制に関する意見募集[暗号通貨・ブロックチェーン]

ニュース

TCC(Trade Coin Club)とは[コインの森なんでも相談]

ニュース

ドイツ銀行「暗号通貨は決済手段としての可能性を秘めている」

ニュース

イラン、マイニングライセンス付与[経済制裁回避と電力供給]

コラム

為替相場は絶好のトレーニング場 ”仏のR”の特別講座”

ニュース

[金融サービス仲介業]の新設とフィンテック推進[金融商品販売法]