ニュース

暗号通貨規制ガイドライン発表[韓国]

韓国の金融委員会(FSC)は暗号通貨取引における反資金洗浄(AML)と本人確認(KYC)に関する新たな規制ガイドラインを発表した。

今まで韓国の金融委員会・金融監督院は政府に「暗号通貨市場を肯定し、発展を促している」と判断されることを恐れ規制・基準を設けることに消極的な姿勢だった。しかし、同国でハッキング事件が相次いだため、政府が市場規制は必要と判断し、今回の規制ガイドラインが出来上がった。今回のガイドラインでは資金洗浄などに使われることを防ぐために不審な取引は決済を防止すること、犯罪者が他人名義の口座を作る可能性もあることから、新規顧客の動向も監視することなどの細かな管理・監視が求められている。

この規制により、暗号通貨取引所は他の金融機関と同水準の高いセキュリティ体制・資産保護が求められる。しかし顧客の資産を預かっている、という状況を考えればこの要求は当然のことだ。取引所に資産を預けず、個人ウォレットが必要とする取引所であればまた別かもしれない。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(11/4)のニュースまとめ

  2. GMO、仮想通貨のクラウドマイニングサービスの開始時期決定

  3. ライトコイン、SegWit対応が現実味

  4. 欧州銀行協会:「ビットコインの最大の懸念は今でも51%問題」

  5. フランス、ICO合法化 欧州でのICOの規制積極的に

  6. Cboe、SECにビットコインETFの速やかな販売承認を促す

PAGE TOP

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始

ニュース

監視ツール[SHIEDL]公式リリース

ニュース

BSV、アップデート[Quasar]予定【ブロックサイズ128MBから2GBへ】…

ニュース

BofA,Ripple社技術引用[RippleNet・xCurrent]

ニュース

Fidelity子会社、信託業登録申請[大手金融企業の動き]

ニュース

昨日(7/20)のニュースまとめ