ニュース

ランサムウェアよりクリプトジャックが主流に

カスペルキー研究所は「インターネット利用者を狙ったランサムウェアが大幅に減少し、クリプトジャックが急増している」と指摘した。

カスペルキーはロシアのコンピュータセキュリティ会社だ。ランサムウェアとはコンピュータウイルスの一種で、感染したPCのアクセス権限を制限し「解除してほしければ○○払え」といった身代金を要求する身代金請求型の不正プログラムだ。ロシアで猛威を振るっていたが、徐々に規模が拡大し世界がこのウイルスの被害にあった。

しかし最近ではこのランサムウェアは大幅に減少した。どうやらサイバー犯罪者らはランサムウェアで一回限りの身代金・大金を狙うよりも、不正が目立たず安定し継続的な資金が得られる不正マイニングを選んでいるようである。

カスペルキーの報告書によると16年4月~17年3月のデータと、17年4月~18年3月のデータではランサムウェア感染者は30%も減少し、不正マイニング攻撃は45%も増加している。また、最近ではランサムウェアでも法定通貨を要求するのではなく、暗号通貨であるビットコイン(BTC)を要求するものもあるという。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 27億円のICO関連詐欺で起訴

  2. 日韓でブロックチェン送金を試行

  3. VegasCasino、ビットコインカジノとオンラインゲームを開始

  4. QUOINEのICOは1億ドル以上の資金調達

  5. ベネズエラ政府は”無料”の仮想通貨教育を開始

  6. 大学で暗号通貨・ブロックチェーンに関する学科が新たに開設

PAGE TOP

ニュース

SBI HD,新たな子会社設立[マイニング専用チップ・システムの開発製造]

ニュース

QUOINE、レバレッジ取引サービスの変更へ

ニュース

Bitmain、雨期の水力発電を狙いマイニング装置の設置計画か

ニュース

Huobi、IEOとは異なる新たなプラットフォーム設立

ニュース

JCBAによるICO規制についての提言[それぞれの性質に合わせた規制]

ニュース

Facebook、ブロックチェーン部門で新たな求人

ニュース

昨日(3/21)のニュースまとめ

ニュース

22日、カンファレンスイベント開催