ニュース

ロンドンへ事務所開設発表[Houbi]

暗号通貨大手取引所Houbiは新たにロンドンへ事務所を開設することを発表した。取引量世界第3位を誇る大手取引所Houbi、今回新たにロンドンへ事務所を開設し、欧州市場へのサービスを拡大していく方針だ。

イギリスは暗号通貨・ブロックチェーン技術に関しても高い関心を示しており、Houbi市場での取引量ではなんと世界で5位、欧州最大の規模となっているため、このロンドンを拠点に欧州市場への本格的な参入を考えている。イギリスでは暗号通貨に対しての目立った規制はない。ただ全面禁止を行うことは犯罪利用を加速させる原因となるため、適正な規制・基準が必要だとしている。

Houbiは中国が取引所とICOを禁止したのち、中国からシンガポールへ拠点を移し、現在では韓国・日本・香港に事務所を構え、そして今回のロンドン・カナダ・アメリカへ事務所を開設する予定である。ただHoubiは先日日本居住者向けサービスの停止を発表した。これからは金融庁の認可登録を目指し、準備を進めていくようだ。

Houbi、日本居住者向けサービスの停止→https://coinsforest.com/p/11382/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 米連邦捜査局、仮想通貨の主要規制に乗り出す可能性も

  2. 送金手数料無料ウォレット機能リリース

  3. 容姿端麗な異性による取引指南[コインの森何でも相談]

  4. イタリアの取引所ビットグレイル、破産申請

  5. 金融商品仲介業の規制緩和[改正法案閣議決定/フィンテック]

  6. 暗号通貨CFD取引でFCAの認可取得[暗号通貨業界への追い風となるか]…

PAGE TOP

ニュース

BIS,ウイルスの影響でデジタル決済促進の可能性指摘

ニュース

Binance、プレリリースからVISA削除[取引所の信頼]

ニュース

スペイン、収税強化[暗号資産収益や海外口座資産に対して]

ニュース

改正法施行は5月[利用者保護のための業者に求める情報管理]

ニュース

昨日(4/3)のニュースまとめ

ニュース

都内を中心に脱税スキームが跳梁跋扈[コインの森管理人]

ニュース

電緑、水産庁から調査研究を受託[産業保護のためのブロックチェーン]

ニュース

中国、暗号資産取引に関する注意喚起