ニュース

ICOの必要性

スタンフォード大学の学生がICOもなしにイーサリアムベースのDAppsを自分たちで16個も作成した。

現在、何かを開発する費用を募るICOではなく、企業が利益を上げるため、または詐欺として利用されることが増えてきてしまっている。どんなスタートアップ企業であったとしても、計画や将来性さえあれば、それを支援してくれる人を募り、事業を成功させることができる画期的な資金調達法ではあるが、開発者が本当に開発するかもわからない状況にある。しかし、投資家からすれば将来性のある何かを開発する際の援助をしたいとも思うわけだ。

スタンフォード大学の学生たちはそんな状況で開発を行う際に外部の援助を得ずに16ものプロジェクトを成功させている。ICOはもしかしたら必要ないのかもしれない。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. VISA、企業間決済にブロックチェーンを導入か

  2. ドイツ・ハノーファーにてビットコインで公共料金の支払いが可能に

  3. 【PR記事】着々とプロジェクトを進行MINDOL

  4. 国税庁、確定申告促す環境整備

  5. イギリス規制状況

  6. xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/14)のニュースまとめ

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘