ニュース

イングランド銀行、金融機関に投資リスク警告

イングランド銀行の副総裁は複数の金融機関に暗号資産への投資リスクに関する警告状を出した。

同国内では暗号通貨の規制を企業に順守させ、EUの規制機関が締め出そうと考えている多くの投資家を引き寄せようと規制を設けようとしている。しかし同行は暗号通貨を以前から強く批判している。ただ使用や交換そのものを禁止することは、むしろ多くの弊害をもたらすため金融機関を保護するために暗号通貨市場を規制し、基準を設けることが必要だとしている。

今回同行の副総裁による警告状では、金融機関に対して暗号資産の取り扱いに関するガイドラインが提供され、暗号資産に関与できる最高レベルの経営管理の必要性が求められた。また、あらゆる暗号痛家への投資を引き受ける前に、関連するすべてのリスクに対する適切な予防措置を維持すべきであるとした。つまり規制を順守するだけでなく、個々でリスク管理・戦略・慎重な対策を行うように求めた。

規制遵守は当然のことだが、規制を守っているだけでは対策として不十分なところも出てくるだろう。金融機関がこうして慎重に動かなければ、その金融機関の利用者まで被害が及び負の連鎖が始まってしまう。そうしたことを考えれば副総裁の警告も理解できる。

イングランド銀行ではブロックチェーンのような分散台帳技術を従来の金融システムに導入することで、大幅に効率・コストを改善しようと考えており、研究開発が行われている。ブロックチェーンと分散型台帳技術→https://coinsforest.com/p/11407/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 日本のキャッシュレス決済握る三菱UFJグループ

  2. ロックバンドQUEENのアルゼンチンでのコンサートチケットがビットコイ…

  3. Bitmain、雨期の水力発電を狙いマイニング装置の設置計画か

  4. 資金洗浄に関与した疑いで取引所CEO逮捕

  5. 韓国、ハッキング被害の保険金支払われない問題

  6. アイスランド、ブロックチェーン上での電子マネー発行認可[EU]

PAGE TOP

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始

ニュース

監視ツール[SHIEDL]公式リリース

ニュース

BSV、アップデート[Quasar]予定【ブロックサイズ128MBから2GBへ】…

ニュース

BofA,Ripple社技術引用[RippleNet・xCurrent]

ニュース

Fidelity子会社、信託業登録申請[大手金融企業の動き]

ニュース

昨日(7/20)のニュースまとめ