ニュース

QRコードに脆弱性が見つかる

電子決済・アプリなどで利用されているQRコードは、暗号通貨決済、銀行での送金にも使われたりする。しかしこのQRコード、偽の情報を仕込むことのできる脆弱性が神戸大学の研究で判明した。

QRコードを読み取ってあるサイトへ飛べるようになっているが、そこに細工を仕掛けることで本来飛べるホームページではない別のサイトへ行ってしまう、という可能性があるのだ。つまり、公式サイトを見るつもりで利用したQRコードが悪用されていた場合、詐欺サイトに飛ばされる可能性もあるということだ。この被害はまだ確認されていないが、QRコードの急速な普及から、今後被害が拡大する可能性もある。

表示されるサイトが異なるだけの誤作動であれば可愛いものだが、QRコードは決済にも利用されている。この悪用が広まることで代金を騙し取られる可能性もある。また本来のサイトと全く同じようにサイトを偽装して、個人情報を騙し取ろうという手口もあるようだ。

QRコードを利用する際は、表示された画面を信じ込まずにURLの確認、名称の確認が必要だ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 1週間(8/19~8/26)のにゅーすまとめ

  2. 中国シンクタンク、中央銀行は仮想通貨の導入を検討すべきと提言

  3. フィリピン「クラウドマイニング契約は証券」

  4. ブロックチェーンプロジェクトは短命

  5. 中国、ブロックチェーン会議を警察が閉鎖

  6. リップルのxVia3か国が新たに採用

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化