ニュース

アメリカ当局、ダークウェブに潜入捜査

アメリカ司法省の管轄下で活動していた捜査官は、ダークウェブで潜入捜査を行い35人以上の犯罪者を逮捕した。

この潜入捜査で捜査官は暗号通貨取扱業者を装って行われ、2,000ビットコイン(BTC)、BTCのマイニングマシン、薬物、法定通貨、金の延べ棒などが押収された。ダークウェブなどの闇市では絶えず変化が起きており、より複雑化し捜査が難しくなっているが、麻薬などの違法物と現金・暗号通貨を交換するルートは限られているため売人を特定することは容易である、と今回の捜査で司法省は判断したようだ。

また広く使われているビットコイン(BTC)には匿名性がなく、取引記録が残るために犯罪利用された際の証拠として利用できるとしている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. スクエアのドーシーCEO、BTCは10年後単一通貨に

  2. ビットコイン価格分析@2017 .12.2

  3. サムスン、Ethereum基盤のブロックチェーン開発[独自トークンも検…

  4. 1週間(6/24~6/30)のニュースまとめ [来週のスケジュール]

  5. コインチェック問題から学ぶ ~安心できる取引所は無いのか~

  6. 「暗号通貨の未来を信じる人がいるなら適正に扱うべき」

PAGE TOP

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始

ニュース

監視ツール[SHIEDL]公式リリース

ニュース

BSV、アップデート[Quasar]予定【ブロックサイズ128MBから2GBへ】…

ニュース

BofA,Ripple社技術引用[RippleNet・xCurrent]

ニュース

Fidelity子会社、信託業登録申請[大手金融企業の動き]

ニュース

昨日(7/20)のニュースまとめ