ニュース

中国、規制緩和か?

中国銀行業監督管理委員会(CBRC)による報告書で「規制当局がICOや暗号通貨関連活動に関するライセンスを発行する制度」の提案が行われた。

中国では昨年9月から、ICO及び法定通貨対暗号通貨の取引を禁止し、現在暗号通貨関連活動を厳しく取り締まっている。広告、ウォレットサービスに対する政府の検閲、暗号通貨を利用している顧客に対しては銀行がサービスを停止するなどの措置も取られている。

しかし、中国はこれまでのそうした暗号通貨に対する厳しい姿勢から、徐々に規制を緩める方針である、という噂が出ている。この噂は中国の地方紙で習近平国家主席が「中国は、将来のデジタル通貨のけん引役を担うために、規制の基礎作りを行うべきだ」と主張していることが報じられたことが基になっていると思われる。

実際にCBRCは今のような暗号通貨サービスの全面禁止ではなく、ライセンス制にすることで許可を得た者のみが暗号通貨関連活動を行えるようにすることを提案している。中国ではブロックチェーン技術の研究開発に国を挙げて取り組んでいる。技術研究開発へ対する助成金・補助金、事業に対する投資と巨額の資金をこの分野へつぎ込んでいる。しかし、暗号通貨に対する厳しい規制を課したことで、流失している人材があるのも確かなことだ。こうした状況から、中国は人材を獲得するために規制を緩和するのではないかと思われる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ポーランド最大取引所、マルタへ移転予定

  2. Ethereum、[ProgPoW]に関する議論[ASIC耐性]

  3. リトアニア、暗号通貨の官民合同会議

  4. VISAの元CEO、ブロックチェーン企業CEO就任

  5. 米国内で映画鑑賞がビットコインで可能に

  6. LINEが仮想通貨業界に参入

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]