ニュース

NBAチームでも?!マイニングで慈善活動

バスケNBAチームのSacramento Kingsが本拠地にマイニングマシンを設置し、慈善活動を開始したようだ。

NBAとはNational Basketball Associationの略で北米のプロバスケットボールリーグの名称だ。NBAはバスケットボールリーグにおける最高峰であり、世界的な人気を誇っている。チーム数は30となっており、そのうちの1チームであるSacramento Kingsが本拠地にマイニングマシンを設置し、イーサリアム(ETH)のマイニングを行うことを発表した。このマイニングによる収益は地元での慈善活動に充てられる。

ユニセフだけでなく、こうしたスポーツチームでもマイニングによる慈善活動が行われるようになってきた。日本ではマイニングへの印象はあまりよくないが、こうした取り組みが広まれば、マイニングに関する法規制に国が力を入れてくれたら、もう少し理解が深まるのではないだろうか。

マイニングとは→https://coinsforest.com/mining/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供…

  2. GAIN CapitalがXRPなどをデリバティブ商品へ

  3. 仮想通貨の格付けイーサがビットコインを上回る

  4. アラブ首長国連邦もブロックチェーン技術戦略発表

  5. 財務省広報誌、特集に暗号通貨

  6. 他人のPCで違法マイニング

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

野村ホールディングスとNRIの合弁会社、デジタルプラットフォーム[ibet]公開…

ニュース

サービス提供を行っていない仮想通貨交換業者一覧

ニュース

ZHDとLINE統合へ[アメリカのGAFA、中国のBAT]

ニュース

VISA,ブロックチェーンシステムに関する論文公開

ニュース

2020年民法改正[保証人保護や利用規約について]

ニュース

BITPoint、送金フロー変更[二段階認証必須に]

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ