ニュース

ブロックチェーンの種類・公開範囲

一言にブロックチェーンといっても様々な分類がある。今回はブロックチェーンの公開範囲について説明する。

 

  • パブリックチェーン ビットコイン(BTC)のように全世界の人がアクセス権限を持ち、このブロックチェーンに記録されたデータを見る権利を有する。誰でも見られるため透明性が高い。公開文書などはこうした誰でも見られるが、改ざんできない状況にあるパブリックチェーンを採用することが考えられる。
  • プライベートチェーン 特定の人がアクセス権限を持ち、一般的に公開されているわけではないもの。特定の管理者が存在することになるため、中央集権型となっているが、銀行等金融機関では従来の管理体制を変えることなく、ブロックチェーンの利点を利用できるため、この形を採用している。
  • コンソーシアムチェーン パブリックチェーンの規模の大きいもの、パブリックチェーンの1種という認識になる。組織的に公開され、その組織内に該当するものがアクセス権限をもつ。例えば、別会社だが提携して事業を取り組む場合、銀行のように連合になって開発などを行う場合に使われる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. XRPをBinanceの基軸通貨に

  2. プルデンシャルがブロックチェーンのプラットフォーム

  3. 昨日(11/19)のニュースまとめ

  4. 昨日(9/6)のニュースまとめ

  5. フランスの航空会社がブロックチェーン検査

  6. ドイツ取引所グループがR3のブロックチェーン技術導入

PAGE TOP

ニュース

bitFlyerで送金が反映されない[なんでも相談室]

ニュース

資産運用に関する日本最大級イベント[マネックス・マネーパートナーズも]

ニュース

ブロックチェーンの実用化、量子コンピュータの実現

ニュース

昨日(1/19)のニュースまとめ

ニュース

SBI、セキュリティ・ウォレットに対する取り組み[新規参入の背中を押す]

ニュース

世界規模の分散型決済ネットワークの開発[既存の決済と]

ニュース

Ethereum,アップグレードConstantinopleは2月27日

ニュース

昨日(1/18)のニュースまとめ