ニュース

ブロックチェーンの種類・公開範囲

一言にブロックチェーンといっても様々な分類がある。今回はブロックチェーンの公開範囲について説明する。

 

  • パブリックチェーン ビットコイン(BTC)のように全世界の人がアクセス権限を持ち、このブロックチェーンに記録されたデータを見る権利を有する。誰でも見られるため透明性が高い。公開文書などはこうした誰でも見られるが、改ざんできない状況にあるパブリックチェーンを採用することが考えられる。
  • プライベートチェーン 特定の人がアクセス権限を持ち、一般的に公開されているわけではないもの。特定の管理者が存在することになるため、中央集権型となっているが、銀行等金融機関では従来の管理体制を変えることなく、ブロックチェーンの利点を利用できるため、この形を採用している。
  • コンソーシアムチェーン パブリックチェーンの規模の大きいもの、パブリックチェーンの1種という認識になる。組織的に公開され、その組織内に該当するものがアクセス権限をもつ。例えば、別会社だが提携して事業を取り組む場合、銀行のように連合になって開発などを行う場合に使われる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 「必ず値上がりする」と虚偽の勧誘で181億集金

  2. 韓国の規制状況

  3. 昨日(6/15)のニュースまとめ

  4. ドイツの銀行で初の暗号通貨取引

  5. イギリスで金備蓄を担保にした独自仮想通貨発行へ

  6. 金融庁、金融サービス利用者相談室の受付状況等を公表[暗号通貨関連は減少…

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

コインの森トレード学習講座注文方法[成行・指値・逆指値]

ニュース

令和2年度税制改正大綱決定[暗号通貨税制の改正なし]

ニュース

バーゼル銀行、パブリックコメント募集[暗号通貨規制]

ニュース

オランダ大手ING,カストディサービス開発[伝統的な金融機関の動き]

ニュース

昨日(12/12)のニュースまとめ

ニュース

EVETokenとは?取引所bitcastle[コインの森]

ニュース

Nayuta、NayutaWalletソースコード公開