ニュース

ブロックチェーン技術と分散型台帳技術[初心者向け]

記事のポイント

  • 分散型台帳技術とは
  • ブロックチェーン技術とは
  • ブロックチェーン技術の活用

ブロックチェーン技術と分散型台帳技術(DLT)は同じ技術をさしているわけではない。簡単に言うと、ブロックチェーン技術はDLTの一種だ。

  • 分散型台帳技術(DLT)とは、データを複数のサーバーで保管する技術のことだ。特定の管理者をおかずに、参加者が同じ台帳を共有しながら管理を行う。
  • ブロックチェーン技術とは、データを一塊にまとめ、その塊(ブロック)をつなげていく技術のことだ。そしてこのデータは複数の参加者によって保管される。

ブロックチェーン技術は確かにDLTであり、特定の管理者ではなく、複数の参加者によって管理されるが、DLTではそのデータをブロックチェーン技術のようにブロックにしてまとめ、そのブロックをつなげていく作業をするわけではないのだ。

つまりブロックチェーン技術は分散型台帳技術(DLT)の一種だといえる。またこれらの技術はサトシ・ナカモトのビットコイン論文によって提唱されたものである。暗号通貨で例を出せば、ビットコイン(BTC)はご存知の通りブロックチェーン技術を利用しているが、リップルではブロックチェーン技術ではなく、分散型台帳技術を利用している。

 

ブロックチェーン技術の活用

ブロックチェーン技術は先述の通り、データの塊をつなげていくため改竄は理論上不可能であるとされている。情報はすべてつながっているため、どこか少しでも変更しようとすれば、今までの記録、これからの記録もすべて書き換える必要があるからである。またこの書き換えが世界中の管理者に見つかるよりも早く行わなければならないことからも実質的に不可能であるとされている。そのため改ざんが行われたくない政府の公開文書にも活用されている。ただ、システムにおいては間違えても書き直しができないため、完璧に設計しなければならないという高いハードルが存在する。

またブロックチェーン技術といってもその公開範囲、情報がみれる範囲は下記の記事でも説明している通りさまざまである。そのため不正を行っていないかの証明となるように取引をだれでも見えるビットコインのような利用方法と、改ざんはされたくないが情報公開範囲は顧客だけにしたいとする企業のような利用方法と利用・活用方法もさまざまである。

 

関連記事

  1. 韓国で暗号通貨取引所と提携する銀行3行の検査

  2. コインチェック、他社と資本提携か?

  3. 好材料供給が止まらないXRP

  4. 中国中銀、ブロックチェーンは「公に属す」

  5. 編集できるブロックチェーンを開発できるか、アクセンチュアの野望

  6. 昨日(11/25)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]

ニュース

日本、9年連続新規国債発行減少[ベネズエラはペトロで国債返済狙う]

ニュース

ミニストップ、ブロックチェーン活用実証事業に参加

ニュース

カード型ウォレットWodca,サービス開始

ニュース

昨日(12/16)のニュースまとめ

ニュース

資産に関する情報収集なら「知るぽると」【初心者向け】

ニュース

フィッシング詐欺、脅威増す