ニュース

配当還元型の取引所トークン[注目]

利用者配当還元型のトークンを導入した暗号通貨取引所が今、急激に注目を集めている。

シンガポール基盤の暗号通貨取引所、CoinBeneや香港基盤の暗号通貨取引所、Bit-Zは今月の18日、25日にそれぞれで配当還元型の取引所トークンを利用したサービスを開始した。この取引所トークンを利用することで、いままで暗号通貨取引の手数料で収益を得ていた体制から、このトークンでの収益体制へと変化する。

配当還元型の取引所トークンは取引所が独自で開発したコインで、取引手数料の一部・全額をこのトークンで還元したり、この独自トークンを保有することで配当が受けられるようになる。取引所では、この取引所独自のトークンを発行していることは珍しくない。しかし、この独自トークンを手数料として利用する、還元される等の取り組みはまだ始まったばかりだ。これがうまくいくのか、規制対象になるのかはまだ判断できないが、利用者にとっては面白いものではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. インフレ率は8.5万% ベネズエラの通貨

  2. Bithumb、シンガポールファンドに買収

  3. HitBTCが金融庁の意向に従い、日本でのサービス停止

  4. 北朝鮮、独自通貨開発の考え[経済制裁回避]

  5. 貿易決済をデジタル化で効率向上[世界27ヵ国50以上が参加]

  6. ドラギECB総裁、ビットコイン規制はECBの責務ではない

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]

ニュース

ディープフェイクの脅威[偽物が存在することを把握することの重要性]

ニュース

メタップス、取引所事業から撤退[変化する法規制]

ニュース

未来投資会議での議論[送金手数料と銀行の収益構造]

ニュース

中電、情報銀行に関する実証実験へ[情報銀行業と認可]