ニュース

ブロックチェーン活用規制に関する作業部設置[カナダ]

カナダ投資業規制機構(IIROC)は資本市場の収益構造におけるブロックチェーン活用に対する規制についての作業部を設置した。

カナダは暗号通貨に対して特に厳しい規制を課すことなく、またその冷涼な環境からマイニングに適しているため暗号通貨取引だけでなく、マイニング・ICO・ブロックチェーン技術の開発研究についても活発に取り組みが行われている。ブロックチェーンの研究といえば中国やロシアなどが頭に浮かぶが、カナダのブロックチェーン市場は世界第3位と重要な位置にいる。実際に政府でも研究が進められており、海外からの旅行者が政府機関に個人情報を送信するためのブロックチェーンプラットフォームの開発を行っている。

そんなブロックチェーン技術に対する取り組みが盛んなカナダでは、ブロックチェーン技術やそれに関連する分野の出現に伴う問題について対応するために作業部が設置された。この作業部ではこれらのことに関する知識の構築に焦点を当て、カナダの規制機関などと連携しながら一貫した規制戦略の策定を目指す。

技術のみの開発研究だけに力を注ぐのではなく、それによる影響などへの対策を前もって行うことは必要だ。中国でも安全に取り組みを行うためにセキュリティ同盟を新設する方針を明らかにしている。→https://coinsforest.com/p/11250/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 透明性・信頼性の高いプラットフォーム「Wizball」

  2. XRPでらくらく決済

  3. スウェーデンはキャッシュレスへ前進?

  4. 中国最大手の小売り「ブロックチェーン事業育成インキュベータ」

  5. コインベース、新オフィス設置

  6. 中国中銀、履歴追跡可能なウォレット特許申請

PAGE TOP

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始

ニュース

監視ツール[SHIEDL]公式リリース

ニュース

BSV、アップデート[Quasar]予定【ブロックサイズ128MBから2GBへ】…

ニュース

BofA,Ripple社技術引用[RippleNet・xCurrent]

ニュース

Fidelity子会社、信託業登録申請[大手金融企業の動き]

ニュース

昨日(7/20)のニュースまとめ