コラム

専業トレーダー特別講座④~仮想通貨でトレード‼ シリーズVol,7~

こんにちは、クリプト君です。

『仮想通貨でトレード‼』 シリーズの第6弾です。

今回、専業トレーダーS氏がトレードする際に必要なチャート分析に不可欠な「ライン基礎~後編~」について解説してくれます。お見逃しなく!

さて、「仮想通貨でトレード‼」シリーズVol,7ということで今回は「ライン基礎~前編~」」について書いていきます。

 

まずは、基本のチャート画像です。

2016.2.17.001

前回も書きましたが、ラインの原則としてある時点での高値と安値がつくるポイントを明確にする為に引きます。

そして前回は「水平線」というラインを引きました。

今回は名前を聞いたことがある人も多いと思いますが、「トレンドライン」の引き方をやって行こうと思います。

まずは安値と安値を結んでみます。

2016.2.17.002

これがトレンドラインです。

さらに同じ角度のラインで実体を囲っていきます。

2016.2.17.003

このような形をチャネルと言います。

エントリーポイントの分析にとって重要なトレンドを見極めるという役割があります。

トレンドラインは当然いつまでもワーク(機能)するわけではありません。

2016.2.17.004

このように実態がトレンドラインを割るとこのトレンドラインの仕事は終わりとなります。

トレーダーによってはその後の指針としても使う人もいます。

2016.2.17.005

と、ここについてはまた解説する機会があればしましょう。

トレンドラインはたくさん引いてみて経験を積むことが大事です。是非皆さんも引いてみてください。

 

クリプト君: Sさん、今回も有難うございます!

S氏: はい、トレンドラインを簡単に解説しましたが実際には前回と今回のラインだけでも十分トレードが可能です。是非皆さんにもラインを引く練習をしてもらいたいですね。

クリプト君: ラインだけでトレードも出来るんですね!

S氏: はい。十分です。というかその他の分析ツールと併用できるのでラインを引かない人はいないと思いますね。一応次回分析ツールについてもいくつかご紹介しますね!

クリプト君: 有難うございます!みなさん次回もお楽しみに!

 

次回は、S氏トレード講座、主要分析ツール解説についての講座をS氏にお願いしております!

 

今なら777リップルコインがもらえる!今すぐMr.Rippleでウォレット作成!

mr468_60-1

 

▶ 注目コインを今すぐチェック

▶ 取引所の徹底比較

▶ 仮想通貨Q&A

 

↓ ↓ ↓ コインの森公式ツイッターアカウントをチェック ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. 今からでも遅くない‼仮想通貨の基礎‼ 其の壱

  2. 金融商品としての仮想通貨の魅力とは?

  3. ETN上場から見る暗号通貨の今後

  4. 仮想通貨のアジアでの可能性

  5. 仮想通貨FXの批判について@管理人のコラム

  6. ☆メリークリスマス☆

PAGE TOP

ニュース

東南アジア諸国のブロックチェーン市場急成長[各国の取り組み状況]

ニュース

Zaif、MONA・BCHの流失額公表[各機関・団体の対応]

ニュース

昨日(9/21)のニュースまとめ

ニュース

RippleNet拡大、XRP急騰[ついに動き出したリップル]

ニュース

Binance、世界を制する取引所へ

ニュース

LINE,日本の暗号通貨業界をけん引していく存在へ

ニュース

昨日(9/20)のニュースまとめ

ニュース

NY当局に目をつけられた暗号通貨取引所[NYはもう金融の中心地ではなくなる]