ニュース

マイニングに関する規制計画なし[ウクライナ]

ウクライナの国家特別通信・情報保護局は暗号通貨のマイニングを規制する計画はないと述べた。

ウクライナでは暗号通貨に友好的で、現在暗号通貨の合法化に向けて議論が進められている。暗号通貨・デジタルトークンは自由で透明性のある市場を生み出すという期待から、その価値を認め、保存・交換・使用をこの合法化によって促す方針だ。ただ、ICOについては同国内だけでなく世界的に意見が割れている。

そんな同国では今のところ暗号通貨のマイニングについて特別な活動として許可制にするなどの規制を設ける計画はないとしている。ウクライナでの暗号通貨の認知度は非常に高く、注目されているが、当局の対応が不明確で予測不可能なため保有しようと踏み切る人は少ない傾向にある。

暗号通貨の合法化に動く一方で、ウクライナでは暗号通貨企業に高額の罰金を課されたり、マイニング機器の押収が行われる可能性が存在するために、暗号通貨そのものよりも国の対応からリスクの高いものとされているようである。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 保険会社も暗号通貨産業へ

  2. 指定暴力団、暗号通貨で資金洗浄

  3. イラン、暗号通貨発行で制裁回避なるか

  4. Facebookの仮想通貨関連広告禁止

  5. 次はイタリア「取引所から不正流出」200億円相当

  6. 米仮想通貨取引所大手コインベース、イーサリアムベースの標準規格(ERC…

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]