ニュース

Facebook、広告を認可制にして健全化

今月26日Facebookは今年一月から禁止していた、暗号通貨広告の掲載を許可する方針を露わにした。

Facebookでは暗号通貨の広告に誤解を招きやすく、不正な(著名人の名を騙る)広告が多いことから、利用者の安全を守るために、暗号通貨に関連した広告の掲載を禁じていた。それに続くようにGoogleやTwitterでも同様の措置がみられた。

今回のFacebookの広告解禁は全ての広告に当てはまるわけではない。今回の発表で掲載が許可されるのは、Facebookが安全と確認できたものに限る。この確認のため同社は取得しているライセンス・公的な取引所で取り扱われているか・などの詳細を提出するよう、申請者に求めるようだ。全面禁止から、こうした許可制での解禁が行われれば、広告の健全化も進むだろう。

しかし各国でも対応が遅れているICOに関しては広告の全面禁止を行うようだ。

またFacebookではブロックチェーンの研究開発を行っている。→https://coinsforest.com/p/9814/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 国内取引所coincheck、楽天銀行口座の凍結解除

  2. 温度を可視化し、パスワード解読

  3. マスターカード、仮想通貨購入でカード利用額が急増

  4. 中国の三大取引所が仮想通貨に取引手数料を導入。

  5. コインチェックCMに人気タレント出川哲朗

  6. Waves開発言語名決まる

PAGE TOP

ニュース

bitFlyerHD,100%子会社設立[ブロックチェーン事業へ]

ニュース

昨日(5/24)のニュースまとめ

ニュース

Coinbase Commerce、2種のステーブルコイン採用[USDC・DAI…

ニュース

KYCCとマネーパートナーズ業務提携[暗号通貨業界の健全化へ]

ニュース

暗号通貨ウォレットWodca,アプリリリース[暗号通貨の管理より簡単に]

ニュース

SBI,アート市場でのブロックチェーン活用[アートバーンへ追加出資]

ニュース

昨日(5/23)のニュースまとめ

ニュース

キャッシュレス決済サービス、PayPayとは[利用可能店舗]