ニュース

Facebook、広告を認可制にして健全化

今月26日Facebookは今年一月から禁止していた、暗号通貨広告の掲載を許可する方針を露わにした。

Facebookでは暗号通貨の広告に誤解を招きやすく、不正な(著名人の名を騙る)広告が多いことから、利用者の安全を守るために、暗号通貨に関連した広告の掲載を禁じていた。それに続くようにGoogleやTwitterでも同様の措置がみられた。

今回のFacebookの広告解禁は全ての広告に当てはまるわけではない。今回の発表で掲載が許可されるのは、Facebookが安全と確認できたものに限る。この確認のため同社は取得しているライセンス・公的な取引所で取り扱われているか・などの詳細を提出するよう、申請者に求めるようだ。全面禁止から、こうした許可制での解禁が行われれば、広告の健全化も進むだろう。

しかし各国でも対応が遅れているICOに関しては広告の全面禁止を行うようだ。

またFacebookではブロックチェーンの研究開発を行っている。→https://coinsforest.com/p/9814/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 仏中銀、金融機関による仮想通貨関連ビジネスの禁止を提言

  2. ビットフライヤー、BTCとネットマイルの交換が可能に

  3. 英政府、仮想通貨の潜在的リスクの研究へ

  4. 仮想通貨「WeToken(ウィートークン)」とは?【PR記事】

  5. 【PR記事】主要書店で週間ランキング1位を獲得! “仮想通…

  6. G20共同声明案、仮想通貨の国際機関による監視強化要請か

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ