ニュース

国内でのマイニング事業

暗号通貨をかたるうえで外せない、マイニング産業は現在114ヵ国で行われる超巨大産業となっている。Blockchain.infoの分析によれば、ビットメインなどのマイニング施設の売り上げを除いても、昨年のマイニング市場の全利益は41億ドル(約4490億円)にもなるとされている。

マイニングとは、暗号通貨の取引を行った際の取引記録をブロックチェーン上に記録する作業のことだ。記録するといっても直接「AさんからBさんへいくら送った」といった文章を打ち込むのではない。マイニングとは→https://coinsforest.com/p/10810/

日本は電気代が高いことからマイニングするに向いていないとする人もいるが、実際に国内でマイニングを行う人・団体も存在する。コインの森でも長野県で行われているマイニング工場へ投資を行っている→https://coinsforest.com/p/5483/

確かに再生可能エネルギーなどから電力が安い中国・北欧でのマイニングが盛んに行われているが、実際に誰がやっているのか、どこでやっているのかが確認しやすいという点において、外国へ投資するよりも需要がある。実際に福井県にあるマイニング工場もそういった需要から投資依頼が殺到しているようだ。クラウドマイニングといって、実際に自分がマイニングするのではなく、マイニングを行う企業・団体へ投資しその配当金として暗号通貨を手に入れる方法もあるのだが、このクラウドマイニングでは詐欺が行われる場合もあるため、こうして連絡のしやすい・自分の目で確かめられるという点は非常に重要な点となる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. コインチェック更に提訴される

  2. ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

  3. Spotifyに導入してほしい機能最上位、XVG決済

  4. SBI VC、新たにBTC取引開始

  5. シンガポールのヘッジファンド、アビトラで運用

  6. エストニアが自国の仮想通貨を発行する可能性

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ