ニュース

ギリシャ市民、ビットコインへ資本移動?

今月と来月に開催されるユーロ圏の財務会合。

ここでギリシャが救済条件としての構造改革案受け入れなければ、国債が債務不履行(デフォルト)になる可能性が高い。

一方、市民はこれまでユーロ(EUR)を資金の回避先にしてきたが、ここへきてビットコインもその対象として注目されているようだ。

2013年にキプロスでも同様の流れがあった。キプロスの財政破綻に際し、キプロス市民は自国通貨を捨ててビットコインを大量に買うという行動に走った。キプロスから比較的近いギリシャの市民はそれを記憶しているはずで、暫く前から続いているギリシャの債務不履行問題でビットコインに意識が向くのはある意味自然な流れであるとも捉えられる。

ギリシャが構造改革案を受け入れるか否かによるが、その結果如何ではまたビットコインの動きに影響を及ぼし、他の暗号通貨へもその動きが波及するかもしれない。

関連記事

  1. 世界食糧計画でブロックチェーン事業

  2. 沖縄のメガソーラーの権利をBTPトークンとして売買

  3. ウクライナ、暗号通貨合法化

  4. R3コンソーシアムに参加続々、日本のトヨタファイナンシャル、ブラジルの…

  5. 南アフリカの規制状況

  6. 個人間取引で相次ぐ詐欺

PAGE TOP

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

ニュース

ICOへの規制どうなるか[SEC、ICO強化へ動く?]

ニュース

デジタル遺品、相続できる準備整ってますか[終活のデジタル化]

ニュース

日本円を担保にしたステーブルコイン発行へ

ニュース

昨日(9/22)のニュースまとめ