ニュース

フランス、経済政策でICO許可

フランスのマクロン大統領は「フランス金融市場庁(AML)がICOを認識し、企業にICOによる資金調達を許可するビザの提供を行うだろう」と発言した。

同大統領は1年前から「スタートアップ企業友好国となる」として積極的にテクノロジー企業を歓迎する政策やビジネス設立・監査プロセスの合理化などを行い、経済成長の為に積極的に活動している。またこの政策の中には暗号通貨関連企業なども含まれており、今年4月に暗号通貨の所得税率を45%から19%への引き下げを行っている。

詐欺や資金洗浄・テロ資金供与などの犯罪に関与する可能性があることから、暗号通貨の規制が必要だとしている同国だが、目立った規制は現在行われていない。しかし、ICOを認めると同時に、ICOを許可するためのビザを提供するということから、徐々に規制を行いつつ、企業の誘致などを行うのではないかとみられる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. インド最高裁、政府に法規制策定を命令[インドでの環境に変化は]

  2. パスポートキャピタルのバーバンク氏、日本のSBIホールディングスを推奨…

  3. 1週間のニュースまとめ

  4. BTCを手に入れるゲームアプリ!

  5. SBI、暗号通貨業界への意欲

  6. Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

PAGE TOP

ニュース

SWIFT,国際送金の速度改善[最速で13秒で送金完了]

ニュース

世界でATM減少、中国では前年比-6.8%[キャッシュレス決済]

ニュース

取引所で30万件の個人情報流出[クレジットや取引情報を公開]

ニュース

昨日(7/22)のニュースまとめ

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始

ニュース

監視ツール[SHIEDL]公式リリース