ニュース

Ripple社、CoinbaseにXRPの上場依頼

以前、Ripple(リップル)社がGemini(ジェミニ)、Coinbase(コインベース)に対し取引所上場の為に対価を払う提案をしていたことが話題となっていたが、Bitsonlineが正式に「Ripple社がCoinbaseへXRP上場の依頼をした」ということを報じた。

様々な銀行と提携し、利用されているリップルのサービスはXRPを利用しなくとも活用できるものだったが、XRPを利用してより快適な送金を行えるようになるサービスが近くに公開されるとされていることから、XRPが注目されることが期待されている。そしてそんな期待が高まるXRPが世界最大手取引所であるCoinbaseに上場されることでその動きは促進されるに違いない。

世界的大手取引所に上場されなくとも、大規模なコミュニティを持ち、活動も活発に行われ暗号通貨全体で第3位の市場規模を誇るXRPにCoinbaseも関心を持っているのは間違いない。しかし同取引所は今までアメリカ証券取引委員会(SEC)が証券とするもの、もしくはそうされる可能性のある暗号通貨を上場することは避けてきているため、未だにXRPの上場には至っていない。ただ、この取引所で扱われるかどうか、有価証券とされるかどうかでXRPの価格は大きく変化するだろう。

以前、Coinbaseに上場されるという噂が出ると、XRPは400円ほどまで価格上昇が起きた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. bitFlyerHD,100%子会社設立[ブロックチェーン事業へ]

  2. BTCライトニング・ネットワーク、β版がリリースへ

  3. ビットコインが大幅下落、一時2000ドル付近も記録。

  4. DJキャレドがICOを推進

  5. 富士通中央ヨーロッパのトップがIOTA財団に参加

  6. 暗号通貨の分類と規制

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/20)のニュースまとめ

ニュース

SBI,地域独自電子通貨発行支援

ニュース

ドイツでSTOプラットフォームの認可

ニュース

韓国取引所の97%が経営危機[市場縮小と取引所の信頼]

ニュース

楽天ウォレット、現物取引サービス開始

ニュース

【bitFlyer】Tポイントでビットコインの購入可能に‼

ニュース

送金サービス[One Pay FX]、ラテンアメリカでの提供準備[xCurren…

ニュース

ニューヨーク州最高裁、NYAGの調査許可[Bitfinex/Tether]