ニュース

中国、ブロックチェーン・セキュリティ同盟

中国政府は大手テクノロジー企業、テンセントと提携し、中国ブロックチェーン・セキュリティ同盟を新設する方針のようだ。

中国は国民の動きが管理できないような暗号通貨へは否定的な考えではあるものの、暗号通貨そのものがもたらす経済効果やブロックチェーン技術への関心は強く、技術研究や開発には国を挙げて精力的に取り組んでおり、技術者・企業に対する優遇処置・政策・投資を行っている。

そんな技術に対して積極的な取り組みをみせる同国では、新たにブロックチェーン技術の開発を安全に行うためテンセントと提携し、同盟を結ぶ方針だ。これによりブロックチェーン技術の研究開発そのものを促進するだけでなく、安全に不法行為を排除しての健全な技術開発が行われる。不法行為というのは、暗号通貨の普及によって増加した詐欺・ねずみ講といった暗号通貨関連犯罪のことで、同国はそうした行為に対する取り締まりを強化している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. スウェーデンのノルデア銀行従業員の仮想通貨取引禁止へ

  2. ベネズエラが新たな暗号通貨を発表

  3. 東南アジア最大手取引所にXRP上場!!

  4. 世界食糧計画でブロックチェーン事業

  5. CAMPFIREが仮想通貨取引所を開設

  6. 証券取引所、企業のICO可能に[ロシア]

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]