ニュース

中国、ブロックチェーン・セキュリティ同盟

中国政府は大手テクノロジー企業、テンセントと提携し、中国ブロックチェーン・セキュリティ同盟を新設する方針のようだ。

中国は国民の動きが管理できないような暗号通貨へは否定的な考えではあるものの、暗号通貨そのものがもたらす経済効果やブロックチェーン技術への関心は強く、技術研究や開発には国を挙げて精力的に取り組んでおり、技術者・企業に対する優遇処置・政策・投資を行っている。

そんな技術に対して積極的な取り組みをみせる同国では、新たにブロックチェーン技術の開発を安全に行うためテンセントと提携し、同盟を結ぶ方針だ。これによりブロックチェーン技術の研究開発そのものを促進するだけでなく、安全に不法行為を排除しての健全な技術開発が行われる。不法行為というのは、暗号通貨の普及によって増加した詐欺・ねずみ講といった暗号通貨関連犯罪のことで、同国はそうした行為に対する取り締まりを強化している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. SBIホールディングス、仮想通貨コールドウォレット事業展開のCoolB…

  2. 浮遊島プロジェクト

  3. XRPがAmazon・スタバなどで決済手段として利用可能に

  4. 証券取引で増加傾向のスイープ機能、暗号通貨取引でも

  5. ポーランド最大取引所、マルタへ移転予定

  6. 昨日(1/14)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

SWIFT,国際送金の速度改善[最速で13秒で送金完了]

ニュース

世界でATM減少、中国では前年比-6.8%[キャッシュレス決済]

ニュース

取引所で30万件の個人情報流出[クレジットや取引情報を公開]

ニュース

昨日(7/22)のニュースまとめ

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始

ニュース

監視ツール[SHIEDL]公式リリース