ニュース

中国格付け、EOSがETH抜いて1位

先月から開始された中国政府による28種の選ばれた暗号通貨格付けが、今月も行われた。

同国は国民の暗号通貨利用などについては否定的な姿勢であるものの、暗号通貨そのものがもたらす経済効果、ブロックチェーン技術等へ関する関心が高く、国を挙げて研究・開発に勤しんでいる。

今回の格付けの結果ではメインネットが始動したEOSが加わり29種の暗号通貨で格付けが行われた。今回新たに加わったイオス(EOS)は前回の格付け第1位、イーサリアム(ETH)を抜いて第1位となった。EOSはメインネットが立ち上がる前から多くの注目を集め、高い評価を得ていたが、指導する直前に致命的な脆弱性が発見されたり、いざ始動するも一時停止したり、現在も「詐欺対策のためのアカウント凍結」をめぐっての問題が起きているため、この格付けの結果には驚きを禁じ得ない。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 6月に行われる暗号通貨イベント

  2. 香港、顧客資産の補償制度必須へ

  3. bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

  4. 国内取引所BitFlyer、欧州進出準備

  5. 自称”億り人”は嘘だった!?

  6. TISとINDETAIL、実証実験へ[過疎地域での交通インフラ]

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]

ニュース

ディープフェイクの脅威[偽物が存在することを把握することの重要性]

ニュース

メタップス、取引所事業から撤退[変化する法規制]

ニュース

未来投資会議での議論[送金手数料と銀行の収益構造]

ニュース

中電、情報銀行に関する実証実験へ[情報銀行業と認可]