ニュース

【PR記事】$117M(約128億円)調達済みの暗号通貨決済プロジェクト PumaPayが日本展開に向けて始動

PumaPay運営のDecentralized Vision Ltd.は戦略上重要な市場である日本におけるマーケティング、事業提携、レギュレーション対応含めた活動を強化し、日本での展開を進めて参ります。

■PumaPayプロジェクト概要

PumaPayは、膨大なトランザクションが生じる日常の決済手段をブロックチェーンベースのオープンソース・ペイメント・プロトコルで再発明し、次世代決済手段のデファクト・スタンダードになることを目指します。

PumaPay創業メンバーは決済領域の事業で20年以上の経験を持つエキスパートで多数のビジネスを成功させてきた強固なチームが経営を担っています。

PumaPayのPull  Protocolはマーチャントが暗号通貨で決済処理することを可能にし、これまでクレジットカート会社や決済代行会社に支払っていた3-15%の高額な手数料をなくすと同時にチャージバックや詐欺のリスクを排除します。
PumaPayプロトコルのコア技術は ‘PullContract’ という独自の決済アーキテクチャで既存の暗号通貨決済をプル型でより柔軟性の高いシステムに変えることで、マーチャントと顧客が事前にコントラクトで合意した額を顧客のアカウントから引き出すことを可能にします。 PullContractはこれまでブロックチェーン上で処理が出来なかった決済手段を可能にするのです。このプロトコルはSDKとAPIも提供し従来のプラットフォームとの統合も容易で、ユーザーにウォレットを提供することで利便性を実現します。

■PumaPayの特徴

PumaPayのPull Payment Protocolは従来型の決済手法とブロックチェーンベースのソリューションの融合によってデザインされています。PullContractという革新的なアーキテクチャーによって、従来のブロックチェーンベースのソリューションでは実現が困難であった小数点以下のマイクロペイメント、利用毎支払い、定期支払等の論理上無限の決済手法を実装可能にします。PullContractアーキテクチャーはマーチャントのビジネスニーズに応じてフレキシブルに決済プロセス設計を可能にする強力なツールです。:

■PumaPayメディア掲載 Forbes

“PumaPay Protocol Brings Blockchain And Crypto Payments To E-Commerce”

https://www.forbes.com/sites/montymunford/2018/02/12/pumapay-protocol-brings-blockchain-and-crypto-payments-to-e-commerce/#a4b01fe3b95a

 

HUFFPOST “PumaPay is Reinventing Everyday Payments”

https://www.huffingtonpost.com/entry/pumapay-is-reinventing-everyday-payments_us_5a44f8a1e4b0df0de8b068c4

■Decentralized Vision Ltd. とは

Decentralized Vision Ltd. (本社:キプロス、CEO: Yoav Dror)は、暗号通貨決済プラットフォームPumaPayを開発。同社は、決済システムやブロックチェーンシステム開発で実績を持つグローバルチームによって設立されました。

■お問い合わせ Email:pr@pumapay.io

関連記事

  1. 1週間のニュースまとめ

  2. ブロックチェーン技術で国民の信頼取り戻す[コロンビア]

  3. ルメール仏財務相、BTCや仮想通貨の重要性に言及

  4. BTCChinaで仮想通貨トレードツールがサービス開始

  5. ナイジェリアの規制状況

  6. 昨日(8/7)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか