ニュース

マイニングのために150MWもの電気窃盗

マイニング事業に対する取り締まりを強化しており、電力が過剰に供給されている地域に対しては当局者を分散して配置する対策が取られてきた。

マイニングとは→https://coinsforest.com/p/10810/

そんな状況の中、採算のとれないビットコイン(BTC)のマイニング作業を続けるために電力を盗もうとした中国人男性は警察によって身柄が拘束された。どうやらこの男性は大規模なマイニング作業にどれほどの電気代がかかるかを理解しておらずに、200台ものコンピュータを使用してBTCとイーサリアム(ETH)のマイニングを行っていたようだ。

同氏は合計で150メガワット(MW)もの電気を盗んでいた。これは地元の電力会社が「異常な電力消費」を警察に報告したことで、判明した。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. みずほ「Jコイン」実証実験開始

  2. 【PR記事】ミンドル[MINDOL/MIN]とは?

  3. マイニング装置のセール?

  4. ビットコインで市民権購入可能に!?

  5. GMOのBTCハッシュレート、1%なるか

  6. Codiusとは

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは