ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

今週末は認可を受けた取引所への一斉行政処分、マウントゴックスの民事再生への移行と大きく取引所への動きがみられた。国内の認可の取引所への行政処分を受けた理由の多くが「内部管理」「経営管理」に問題が見つかったためとされている。特にビットフライヤーに関しては当局に対して「事実と異なる説明を行う」などの認可取引所としてあるまじき行為が露わとなった。また日本だけでなく、世界でも取引所の対応関係の話題が上っている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 出口詐欺が疑われる取引所[BTCとLTCの返還は不可能]

  2. ドイツ取引所、BTCや大規模買収に慎重

  3. 昨日(10/15)のニュースまとめ

  4. Microsoft、著作権問題解決に動き出す

  5. JPモルガン、独自通貨発行へ[RippleCEOの意見]

  6. UBSブロックチェーン開発に賛同者

PAGE TOP

ニュース

SBI HD,新たな子会社設立[マイニング専用チップ・システムの開発製造]

ニュース

QUOINE、レバレッジ取引サービスの変更へ

ニュース

Bitmain、雨期の水力発電を狙いマイニング装置の設置計画か

ニュース

Huobi、IEOとは異なる新たなプラットフォーム設立

ニュース

JCBAによるICO規制についての提言[それぞれの性質に合わせた規制]

ニュース

Facebook、ブロックチェーン部門で新たな求人

ニュース

昨日(3/21)のニュースまとめ

ニュース

22日、カンファレンスイベント開催