ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

今週末は認可を受けた取引所への一斉行政処分、マウントゴックスの民事再生への移行と大きく取引所への動きがみられた。国内の認可の取引所への行政処分を受けた理由の多くが「内部管理」「経営管理」に問題が見つかったためとされている。特にビットフライヤーに関しては当局に対して「事実と異なる説明を行う」などの認可取引所としてあるまじき行為が露わとなった。また日本だけでなく、世界でも取引所の対応関係の話題が上っている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 韓国の規制状況

  2. FATFによる暗号資産に対するガイドライン[促進と阻害]

  3. 他取引所の独自トークン、上場

  4. ブロックチェーン・スマホ製造開始初販は10月予定

  5. 欧州銀行監督局、仮想通貨専用のマネー管理規制が必要と提案

  6. Coinbase、ニューヨーク州でビットライセンスを取得

PAGE TOP

ニュース

SWIFT,国際送金の速度改善[最速で13秒で送金完了]

ニュース

世界でATM減少、中国では前年比-6.8%[キャッシュレス決済]

ニュース

取引所で30万件の個人情報流出[クレジットや取引情報を公開]

ニュース

昨日(7/22)のニュースまとめ

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始

ニュース

監視ツール[SHIEDL]公式リリース