ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

今週末は認可を受けた取引所への一斉行政処分、マウントゴックスの民事再生への移行と大きく取引所への動きがみられた。国内の認可の取引所への行政処分を受けた理由の多くが「内部管理」「経営管理」に問題が見つかったためとされている。特にビットフライヤーに関しては当局に対して「事実と異なる説明を行う」などの認可取引所としてあるまじき行為が露わとなった。また日本だけでなく、世界でも取引所の対応関係の話題が上っている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. BTC3週間ぶり安値、韓国当局による最大取引所の強制捜査を嫌気

  2. ブロックチェーン技術がギャンブル業界を活性化

  3. ロシアは7月までに新たな「仮想通貨規制法」施行

  4. リトアニア、暗号通貨の官民合同会議

  5. 日本に暗号通貨を普及させるには

  6. BitOasis、中東でビットコイン事業を立ち上げ

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]