ニュース

ジョン・マカフィー氏、2日間意識不明

ジョン・マカフィー氏が飲食物に何かを混入され、2日間意識不明となっていた。

マカフィー氏はマカフィーインターネットセキュリティの創業者で、暗号通貨の支持者で有名な人物だ。暗号通貨・ICO・技術に対して積極的に発言してきていた。

Twitterでは頻繁に発言をすることから、3日間1度もマカフィー氏が発言しないことについて、暗号通貨コミュニティでは疑問が持たれていた。新たなマカフィー砲の準備でにおわれているのではないか、と期待する人も見られた。しかし、空白の3日間を開け投稿されたのは「飲食物に何かを盛られ、2日間意識不明に陥っていた」というものだった。

暗号通貨に関連する人物を狙った身代金要求・誘拐・暴行といった犯罪は決して少なくない。今回の事件の犯人もそういった人物によるものなのだろうか。

同氏は病室のベッドに横たわる自身の写真に「犯人へ。私はお前が誰なのかを把握している。逃げたほうがいいぞ。」といった文言を載せてツイートしている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 暗号通貨市場再活性化に必要なこと[振り返り]

  2. Binance、ウォレットサービス

  3. ベネズエラ、国独自の「仮想通貨」を発行

  4. 1週間(4/22~4/28)のニュースまとめ

  5. 国内取引所のミスターリップルが生まれ変わる

  6. ついにYahooでも!相次ぐ大手企業の暗号通貨業界への参入

PAGE TOP

ニュース

イスラエル、規制に関する意見募集[暗号通貨・ブロックチェーン]

ニュース

TCC(Trade Coin Club)とは[コインの森なんでも相談]

ニュース

ドイツ銀行「暗号通貨は決済手段としての可能性を秘めている」

ニュース

イラン、マイニングライセンス付与[経済制裁回避と電力供給]

コラム

為替相場は絶好のトレーニング場 ”仏のR”の特別講座”

ニュース

[金融サービス仲介業]の新設とフィンテック推進[金融商品販売法]

ニュース

Bitgate、ダイコホールディングスグループ子会社へ[資本移動]

ニュース

昨日(1/27)のニュースまとめ