ニュース

幻冬舎、暗号通貨関連のWebサイト開設

幻冬舎は暗号通貨やブロックチェーンに特化したWebメディア「あたらしい経済」を6月22日に創刊した。

日本の出版社、幻冬舎がブロックチェーン技術・暗号通貨・暗号通貨市場・経済をメインテーマにして、それがどう活用されるのか、より正確で安心できる形で読者に提供する。今現在のメディアでは大した技術の解説も行わず、どういった技術でどんな危険があり、どんな対策が必要とされているのか、という説明もせずに不安を煽るような記事が多く、新しい技術・経済を生き抜いていくに必要な情報が出回っていない。そうした現状を打破するべく、同社は技術・それらを取り巻く環境、人物、働き方を提供する。

現段階ではウェブサイトとなっているが、いずれはこのサイトを主軸に独自コミュニティを形成し、セミナーやデジタルコンテンツの配信も予定しているようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. BITPoint、業務提携で暗号通貨決済普及に努める

  2. アメリカ元要人「仮想通貨は中央銀行を滅ぼす」と危機感

  3. ブラジル大手銀イタウ・ウニバンコ、リップルネットに加盟

  4. 韓国大統領府「仮想通貨取引を禁止する予定無し」

  5. マウントゴックス事件有力者、暗殺される可能性

  6. XRP系ICO開始か

PAGE TOP

ニュース

ウォレットで直接送金・交換可能に[ウォレット業者による取引サービス]

ニュース

ダボス会議、共通テーマは[第4次産業革命]

ニュース

登録業者Xtheta、新たにコワーキングスペースオープン予定

ニュース

取引所による不正行為[韓国で有罪判決]

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ

ニュース

LiquidNetworkでの実証実験、開発支援プロジェクト[国内の動き]

ニュース

ワイオミング州、暗号資産を3つに分類[日本での仮想通貨の定義]

ニュース

サウジ・UAE共同で国際送金への取り組み[活発になる送金への試み]