ニュース

幻冬舎、暗号通貨関連のWebサイト開設

幻冬舎は暗号通貨やブロックチェーンに特化したWebメディア「あたらしい経済」を6月22日に創刊した。

日本の出版社、幻冬舎がブロックチェーン技術・暗号通貨・暗号通貨市場・経済をメインテーマにして、それがどう活用されるのか、より正確で安心できる形で読者に提供する。今現在のメディアでは大した技術の解説も行わず、どういった技術でどんな危険があり、どんな対策が必要とされているのか、という説明もせずに不安を煽るような記事が多く、新しい技術・経済を生き抜いていくに必要な情報が出回っていない。そうした現状を打破するべく、同社は技術・それらを取り巻く環境、人物、働き方を提供する。

現段階ではウェブサイトとなっているが、いずれはこのサイトを主軸に独自コミュニティを形成し、セミナーやデジタルコンテンツの配信も予定しているようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Ripple社の技術を採用した送金アプリ[邦銀61行が参加]

  2. シンガポール仮想通貨業者に壁

  3. 仮想通貨を使った資金洗浄を厳罰に。米ウェストバージニア州

  4. 国内のビットコインキャッシュでの決済可能店【BCH】

  5. コインチェック問題進展、ユーザーからは不安の声

  6. インド政府がビットコインを投機として認めない?

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響