ニュース

マウントゴックス、民事再生決定

世界最大の暗号通貨取引所だったマウントゴックスは2014年にハッキング攻撃を受けたことで、約85万ビットコイン(BTC)を消失し、これまで破産手続きの為に同取引所が保有するBTCが売られてきていた。

しかし今回東京地裁により民事再生決定がなされ、その手続きが開始されたことで、これまでの破産手続きは中止される。破産手続きでは破綻時のレートでBTCを現金化し、債権者に分配されるが、今回決定した民事再生手続きではBTCをそのまま分配することが可能となる。ただ、再生管財人の弁護士が出した文書によると「BTCなどによる返済は、今後成立する再生計画によって決定されるため、現時点では回答できない」としており、債権者の元に暗号通貨のまま返却されるように、なるかは確定していない。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 黒田総裁「仮想通貨、影響なし」

  2. 昨日(7/18)のニュースまとめ

  3. トレーダーズ、フィリピン経済特区と提携

  4. ビットコインダイヤモンド

  5. イスラム開発銀行、ブロックチェーンへの取り組み

  6. [JPOR]キャッシュレス決済コードの統一化へ[国内キャッシュレス]

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]

ニュース

ディープフェイクの脅威[偽物が存在することを把握することの重要性]

ニュース

メタップス、取引所事業から撤退[変化する法規制]

ニュース

未来投資会議での議論[送金手数料と銀行の収益構造]

ニュース

中電、情報銀行に関する実証実験へ[情報銀行業と認可]