ニュース

マウントゴックス、民事再生決定

世界最大の暗号通貨取引所だったマウントゴックスは2014年にハッキング攻撃を受けたことで、約85万ビットコイン(BTC)を消失し、これまで破産手続きの為に同取引所が保有するBTCが売られてきていた。

しかし今回東京地裁により民事再生決定がなされ、その手続きが開始されたことで、これまでの破産手続きは中止される。破産手続きでは破綻時のレートでBTCを現金化し、債権者に分配されるが、今回決定した民事再生手続きではBTCをそのまま分配することが可能となる。ただ、再生管財人の弁護士が出した文書によると「BTCなどによる返済は、今後成立する再生計画によって決定されるため、現時点では回答できない」としており、債権者の元に暗号通貨のまま返却されるように、なるかは確定していない。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. インドのICIC銀行250社にブロックチェーンプラットフォーム参加要求…

  2. 仮想通貨の成功は「地方」と「途上国」にあり?

  3. BlackWalletがハッキングされた?

  4. ベトナムでオンライン取引に暗号通貨禁止

  5. 仮想通貨の創業者を名乗り仮想通貨を要求

  6. 【ドバイが凄い】ブロックチェーンで車両を追跡

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場