ニュース

マウントゴックス、民事再生決定

世界最大の暗号通貨取引所だったマウントゴックスは2014年にハッキング攻撃を受けたことで、約85万ビットコイン(BTC)を消失し、これまで破産手続きの為に同取引所が保有するBTCが売られてきていた。

しかし今回東京地裁により民事再生決定がなされ、その手続きが開始されたことで、これまでの破産手続きは中止される。破産手続きでは破綻時のレートでBTCを現金化し、債権者に分配されるが、今回決定した民事再生手続きではBTCをそのまま分配することが可能となる。ただ、再生管財人の弁護士が出した文書によると「BTCなどによる返済は、今後成立する再生計画によって決定されるため、現時点では回答できない」としており、債権者の元に暗号通貨のまま返却されるように、なるかは確定していない。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. フランス、暗号通貨税率を45%から19%へ

  2. IOTA、組織改編で問題解決へ

  3. フィンテック企業買収発表で株価2600%増

  4. 政治プラットフォーム、ネムブロックチェーン企業と提携

  5. デジタルマネーでの給与解禁へ[日本のデジタル化]

  6. バンカメ、仮想通貨取引でのクレカ使用禁止へ

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]