ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ライトニングネットワークとはビットコイン(BTC)の有力なオフチェーン技術のことだ。

まず、オフチェーンとはその名の通り、ブロックチェーン上ではなく外で暗号通貨の取引を行うことだ。暗号通貨は通常、ブロックチェーンという台帳へ取引記録を記入することで証明や送金が行われる。しかし取引量が増えると速度が低下したり、手数料が高くなったりといった問題が発生してしまう。そういった問題を解決するために、証明や送金をブロックチェーンの外、オフチェーンで行う技術のことである。オフチェーン技術ではブロックチェーンへの負担を軽減するだけでなく、取引速度の向上・手数料の低下を行う、非常に重要な技術となっている。

こうした取り組みはBTCだけでなく、イーサリアム(ETH)でも行われている。また取引速度の低下、遅延問題はこのオフチェーンだけでなく、リスク(Lisk)のようにサイドチェーンを利用することで解決しようという取り組みが行われている。

リスク(Lisk)→https://coinsforest.com/p/9639/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ブロックチェーン技術でEV充電ステーションを管理

  2. スイス、企業だけでなく金融機関も活動しやすいガイドライン

  3. モナコイン不正入手容疑で高校生逮捕

  4. XRP関連ニュースまとめ④

  5. チップメーカー仮想通貨マイニングの強い需要に注目

  6. NASDAQ、ブロックチェーン技術を未公開株式市場に活用

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ