ニュース

フィリピンと日本の銀行提携、ブロックチェーンによる送金

フィリピン本拠の銀行Rizal Commercial Banking Corp(RCBC)はりそなホールディングス傘下の銀行2行と提携し、ブロックチェーンによる送金サービスを提供していく方針だ。

今回提携した銀行はアーバン銀行とみなと銀行の2行で、日本に滞在するフィリピン人労働者がより快適に送金が行えるよう、迅速でコストのかからないブロックチェーンを活用した送金サービスを提供することを目的に提携した。今回、RCBCが提携先に日本を選んだのは、日本からフィリピンへの送金額が多額であるためで、フィリピン中央銀行によるとその額は先月だけで1.3億ドルにもなるという。こうした多額で大量の送金が行われる両国間での送金が円滑に安く、何より安全に行えるようになることは、多くの人にとって喜ばしい出来事となるだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. デラウェア州医療協会、ヘルスケアへのアクセスを改善するブロックチェーン…

  2. テックビューロとNEMが提携し『Catapult』を共通採用

  3. ブロックチェーン技術の普及

  4. 中国、ブロックチェーン支援ファンド新たに創設

  5. JVCEA、金融庁へ認定申請

  6. ウォレット偽装アプリにご用心

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]