ニュース

フィリピンと日本の銀行提携、ブロックチェーンによる送金

フィリピン本拠の銀行Rizal Commercial Banking Corp(RCBC)はりそなホールディングス傘下の銀行2行と提携し、ブロックチェーンによる送金サービスを提供していく方針だ。

今回提携した銀行はアーバン銀行とみなと銀行の2行で、日本に滞在するフィリピン人労働者がより快適に送金が行えるよう、迅速でコストのかからないブロックチェーンを活用した送金サービスを提供することを目的に提携した。今回、RCBCが提携先に日本を選んだのは、日本からフィリピンへの送金額が多額であるためで、フィリピン中央銀行によるとその額は先月だけで1.3億ドルにもなるという。こうした多額で大量の送金が行われる両国間での送金が円滑に安く、何より安全に行えるようになることは、多くの人にとって喜ばしい出来事となるだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 【危険】リップルのユーザー、フィッシングにご注意!

  2. 昨日(7/4)のニュースまとめ

  3. 世界最大「CryptoUK」(クリプトUK)誕生

  4. BCHの価格上昇

  5. ビットコイン、インターネット初期よりも25%急成長中

  6. シティグループのアナリストがビットコインに悲観

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

貿易の安全性・透明性の改善へ[シンガポール]

ニュース

SBI VC新規口座開設開始

ニュース

ICOの現実 ホワイトペーパーの存在

ニュース

Basic Attention Token(BAT)とは?

ニュース

ステラのBCを利用したステーブルコイン、IBM支援

ニュース

昨日(7/19)のニュースまとめ

ニュース

金融機関、KYCの共同化[日本]

ニュース

GMO、ネット銀行事業開始