ニュース

暗号通貨関連の相談、急増

北海道財務局によると昨年16年度まで暗号通貨関連相談が占める割合は、全体のわずか2%だったのに対して、今年に入って急増し11%となった。

相談件数は7倍に増え、暗号通貨交換業者の登録確認や行政への質問、要望が相次いだ。消費者センターでも暗号通貨関連の相談は増加傾向にあるが、「思ったよりも儲からない」というような暗号通貨をどこまで理解しているのかわからないような質問が多く寄せられている。または「知人に勧められ購入したが…」「よくわからないので代わりに買ってもらったら…」といった詐欺を匂わせる相談も多い。

自分の資産を守れるのは自分しかいないのだから、軽率に資産を他人に預けてはいけない。必要最低限の暗号通貨はどういったものか、ブロックチェーン技術とは、ウォレットとはといったことを理解して、リスクも十分理解してから手をだすべきで、わからないままに他人に預けて手を出すべきではない。その他人が責任を取ってくれるわけでないのだ。

TwitterなどのSNSでも個人名を出し、地名を出し、写真を晒すことがどれほど危険な行為かを理解して行うように、暗号通貨でもそうした何が危険でどんな危険性を生むのかを理解する必要があるのだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. BitTrade(ビットトレード)がMT4に対応

  2. 多発するフィッシング詐欺

  3. SBI Ripple Asiaの為替一元化コンソーシアムに42邦銀参加…

  4. 中国、ブロックチェーン産業指針となる基準策定準備開始

  5. スイスが規制拡大

  6. インドでCBDCの発行検討を正式発表

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは