ニュース

Coinbaseの対応にクレーム殺到

アメリカ証券取引委員会(SEC)は世界的大手暗号通貨取引所、Coinbaseに対する消費者からのクレームを受け取ったことを明らかにした。

このクレームの内容は「資金移動が完了しない」「問い合わせの対応がない」「不正に口座凍結される」といったもので、その量は164ページにもわたるという。資金移動が完了しない、口座の凍結に対する問い合わせ(メールや電話)を行っても反応がなく、問題の解決も行ってもらえないとするもので、顧客への対処が適切に行われていないようだ。

世界的にも大規模な取引所でこうした顧客への対応がおざなりになっている状況は、今後の暗号通貨の信頼・発展の妨げになるだろう。このことに対してCoinbaseは不足していた人員を増加させ、ヘルプセンターの改善、電話・メール・チャットでもサポート窓口の開設、そして問題解決までの時間の基準も定め公開するといった対応をとった。Coinbaseへのクレーム・不信感が募ったことは確かだが、こうした取り組みを行い、改善を目指す姿勢は評価したい。

日本市場参入の予定もあるCoinbase、これからの対応が大事となる。→https://coinsforest.com/p/10575/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 韓国政府、国内の6つの銀行を検査

  2. bitFlyerがセキュリティの評価で世界一となる

  3. 大阪にも!暗号通貨総合窓口オープン

  4. BNBのバーン、そろそろか

  5. ゆうちょも!QRコード決済導入

  6. 郵便局で暗号通貨購入、必要なのはメアドだけ

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

貿易の安全性・透明性の改善へ[シンガポール]

ニュース

SBI VC新規口座開設開始

ニュース

ICOの現実 ホワイトペーパーの存在

ニュース

Basic Attention Token(BAT)とは?

ニュース

ステラのBCを利用したステーブルコイン、IBM支援

ニュース

昨日(7/19)のニュースまとめ

ニュース

金融機関、KYCの共同化[日本]

ニュース

GMO、ネット銀行事業開始