ニュース

約1300%のリターンICO首謀者の資産を凍結

  • ICO

アメリカの証券取引委員会(SEC)は暗号通貨、プレスコインを発行するドミニック・ラクロワ容疑者の資産を凍結する裁判命令を取り付けた。

SECは詐欺的なICOに対しての取り締まりを強化しており、取引企業との関係に関して虚偽の説明を行っていたICOなどを停止させる裁判命令を取り付けている。こうしたSECの強い取り締まりから、ICO自体に対して更なる規制を強化するのではないかという予測がされている。ただICOに対してはアメリカだけでなく合法化するため、登録制や調達資金を限定するなどの対策を行う国もある。

今回資産を凍結された容疑者がオーナーのプレックスコープス社は1か月で約1300%のリターンをうたったICOを通じて個人投資家などから約17億円を騙し取った疑いがあるとして、この処置がなされた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. OKEx、中国国営ラジオが違法取引を指摘

  2. モナコイン、ツイキャス採用で価格上昇

  3. BTGにも51%攻撃

  4. 東京大学大学院の実証実験にブロックチェーンが利用される

  5. 秘密鍵紛失で7,500BTCを失う

  6. 幻冬舎、暗号通貨関連のWebサイト開設

PAGE TOP

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

[初心者向け]ウォレットとは?ウォレットの種類

ニュース

ビットポイント流出事件の現状報告[現物での払い戻し検討]

コインの森のなんでも相談室

MiningCityて大丈夫ですか?[コインの森相談室]

ニュース

Ehereumのスケーラビリティ問題一時解決策としてBCH活用

ニュース

Facebook暗号通貨プロジェクト[Libra]の公聴会

ニュース

昨日(7/15)のニュースまとめ

ニュース

Santander提供送金アプリ[OnePay]、ポーランドも対応