ニュース

約1300%のリターンICO首謀者の資産を凍結

  • ICO

アメリカの証券取引委員会(SEC)は暗号通貨、プレスコインを発行するドミニック・ラクロワ容疑者の資産を凍結する裁判命令を取り付けた。

SECは詐欺的なICOに対しての取り締まりを強化しており、取引企業との関係に関して虚偽の説明を行っていたICOなどを停止させる裁判命令を取り付けている。こうしたSECの強い取り締まりから、ICO自体に対して更なる規制を強化するのではないかという予測がされている。ただICOに対してはアメリカだけでなく合法化するため、登録制や調達資金を限定するなどの対策を行う国もある。

今回資産を凍結された容疑者がオーナーのプレックスコープス社は1か月で約1300%のリターンをうたったICOを通じて個人投資家などから約17億円を騙し取った疑いがあるとして、この処置がなされた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 暗号通貨を禁止し、暗号トークン化⁈

  2. Transpaygo、xRapidの導入発表[FCA認可企業]

  3. ビットフライヤーが一部メディア報道に反論

  4. Q&Aサイトの「OKWave」、ビットコインでお礼が可能に

  5. マレーシア、貿易でブロックチェーン導入計画

  6. 米規制当局がビットファンダー創業者を起訴

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]