ニュース

EOS、「分散型」への疑問

EOSはフィッシング詐欺によって登録の際に不正があったとして、その不正の可能性がみられる7つのアカウントを凍結した。

EOSとは→https://coinsforest.com/p/9799/

この不正に対する凍結という処置をとったことに対しては大きな波紋を呼んでいる。凍結するかどうかの会議が開かれこの対処が行われたが、少数の参加者による会議で個人の資産やアカウントの凍結が行われてしまう可能性があるという状況は、「分散型」というものに当てはまるのかという疑問が浮かぶ。

不正が起きた場合に対して誰かを保護する、罰するという対処は結局のところ、誰かによる支配を意味し、政府からの脱却ではなくデジタル世界で新たな国民国家を築いているに過ぎないのではないだろうか。ビットコイン(BTC)支持者のチャーリー・シュレム氏は「保護する・罰する、そういったことは誰も決めることはできない。誰であろうとそのような力を持つべきではない。ここが暗号通貨にとって大事な部分だ」とTwitter上で述べている。

これらの批判に対してEOSニューヨークは「ブロックプロデューサーらがこれらの決定を行うわけではない」としている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 閉鎖された発電所をマイニングで再利用

  2. アイルランドの大手がビットコイン決済検討

  3. ビットコイン発明者、ついに判明か

  4. BlackWalletがハッキングされた?

  5. 韓国、ICO合法化へ

  6. 大和証券、ミャンマーでのブロックチェーン技術の促進へ

PAGE TOP

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ