ニュース

XRPはAmazonで利用されるようになる

定期的にAmazonと提携するのではないか、という話題が持ち上がるリップル(XRP)だが、リップル社がxRapidの正式版を近くに公表する予定だということで信ぴょう性も増しているのではないだろうか。

xRapidについて→https://coinsforest.com/p/10944/

AmazonはAmazon Web Services(AWS)ではブロックチェーンプラットフォームを開発し、決済サービスPurseではBTCに続いてBCHでの決済も開始しており、暗号通貨や技術に対しての取り組みが活発に行われている。

Amazonのような大企業が暗号通貨に求めているのは、透明性はもちろん、安定性、決済速度といった法定通貨の上位互換の役割ではないだろうか。そうなると取引速度が速く、手数料も低コスト、銀行でも利用されているような信頼性の高さが特徴のリップルはまさに同社が求めている理想の暗号通貨そのものではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 自称「サトシ・ナカモト」告訴され、約50億ドルの損害賠償

  2. G20、仮想通貨は通貨ではなく資産との見解

  3. アメリカで人気のスーパーボウルのCMで「ビットコイン先物」を宣伝

  4. カナダ初 コミュニティのための独自暗号通貨

  5. 韓国、他国を参考に仮想通貨取引所の認可制度を導入か

  6. 市場の価格操作についての調査

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]