ニュース

国内取引所 フィスコ仮想通貨取引所

日本国内の金融庁の認可を得ている暗号通貨取引所、フィスコ仮想通貨取引所は1部上場企業であるフィスコが母体の取引所となっている。

フィスコは暗号通貨取引の手数料がキャンペーンなどではなく、完全に無料の取引所となっている。またQUOINE等と同様インターネットにつながっていないコールドウォレットで顧客の資産を管理し、複数の段階電子署名を必要とするなどのセキュリティ対策が行われている。ただbitFlyerやbitbankのようなスマホアプリが存在しないため、不便なところもある。取扱通貨は非常に少なく、

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)    の3種のみとなっている。

また、レバレッジ取引も行っていない。しかし自身の興味のある通貨がこの3種に限られているのであれば、安全に取引ができる取引所として利用できるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(9/1)のニュースまとめ

  2. ICO専門のメディアがオープン

  3. 昨日(9/25)のニュースまとめ

  4. 法定通貨でも、SMS・EメールでのP2P送金可能に[決済の利便性高まる…

  5. ブロックチェーンETFがニューヨーク証券取引所とナスダックに上場

  6. ビットコインの取引所50社がライセンス申請

PAGE TOP

ニュース

SBI HD,新たな子会社設立[マイニング専用チップ・システムの開発製造]

ニュース

QUOINE、レバレッジ取引サービスの変更へ

ニュース

Bitmain、雨期の水力発電を狙いマイニング装置の設置計画か

ニュース

Huobi、IEOとは異なる新たなプラットフォーム設立

ニュース

JCBAによるICO規制についての提言[それぞれの性質に合わせた規制]

ニュース

Facebook、ブロックチェーン部門で新たな求人

ニュース

昨日(3/21)のニュースまとめ

ニュース

22日、カンファレンスイベント開催