ニュース

国内取引所 フィスコ仮想通貨取引所

日本国内の金融庁の認可を得ている暗号通貨取引所、フィスコ仮想通貨取引所は1部上場企業であるフィスコが母体の取引所となっている。

フィスコは暗号通貨取引の手数料がキャンペーンなどではなく、完全に無料の取引所となっている。またQUOINE等と同様インターネットにつながっていないコールドウォレットで顧客の資産を管理し、複数の段階電子署名を必要とするなどのセキュリティ対策が行われている。ただbitFlyerやbitbankのようなスマホアプリが存在しないため、不便なところもある。取扱通貨は非常に少なく、

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)    の3種のみとなっている。

また、レバレッジ取引も行っていない。しかし自身の興味のある通貨がこの3種に限られているのであれば、安全に取引ができる取引所として利用できるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 日本仮想通貨事業者協会の勉強会開催

  2. Purse.io、日本でのサービス拡充を計画

  3. 台湾、マルタに続くブロックチェーン島目指す

  4. [初心者向け]ブロックチェーン技術とは[利点・欠点]

  5. SBIHD,個人間送金のための子会社設立[MoneyTapの事業強化]…

  6. コインチェック、XMR取引再開

PAGE TOP

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ

ニュース

日本STO協会に新たに2社入会[みずほ証券とSMBC日興証券]

ニュース

コインの森トレード学習講座【トレードのシナリオを考える/ラインの重要性】

ニュース

三菱UFJ銀行、信用状の発行[ブロックチェーン]

ニュース

日本経済新聞と金融庁共催のブロックチェーン・カンファレンス

ニュース

SEC,IEOに関する注意喚起[ICO・IEOに関する法規制]

ニュース

ベネズエラ、独自通貨利用推進[独裁体制とダボス会議]

ニュース

昨日(1/20)のニュースまとめ