ニュース

国内取引所 フィスコ仮想通貨取引所

日本国内の金融庁の認可を得ている暗号通貨取引所、フィスコ仮想通貨取引所は1部上場企業であるフィスコが母体の取引所となっている。

フィスコは暗号通貨取引の手数料がキャンペーンなどではなく、完全に無料の取引所となっている。またQUOINE等と同様インターネットにつながっていないコールドウォレットで顧客の資産を管理し、複数の段階電子署名を必要とするなどのセキュリティ対策が行われている。ただbitFlyerやbitbankのようなスマホアプリが存在しないため、不便なところもある。取扱通貨は非常に少なく、

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)    の3種のみとなっている。

また、レバレッジ取引も行っていない。しかし自身の興味のある通貨がこの3種に限られているのであれば、安全に取引ができる取引所として利用できるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ブロックチェーン技術導入検討[タイ中銀]

  2. Bitpayがビットコインキャッシュを導入

  3. CFTC委員長、仮想通貨の熱烈な支持者ではないと確認、批判に対処

  4. マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

  5. bitFlyer、三井住友海上と仮想通貨取引所向けのサイバーテロ保険を…

  6. タイ証券取引所、ブロックチェーンプラットフォーム開始

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]