ニュース

国内取引所 QUOINE

日本国内の金融庁の認可を受けた暗号通貨取引所、コインエクスチェンジ(QUOINE)は日本以外にシンガポールやベトナムにも拠点を持つ取引所だ。ビットコイン(BTC)の現物取引やレバレッジ取引の手数料が無料で、なにより世界最高基準の高いセキュリティ性から多くの信頼を得ている。またそうしたセキュリティ性の高さから国内で初めて認可を受けた取引所として有名で、社会的に見ても信頼度が高いことがうかがえる。実際に同取引所では開設後から一度も盗難などの事件が起きていない。QUOINEは

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • キャッシュ(QASH) の5つの暗号通貨を取り扱っており、さらに日本円(JPY)に限らず
  • アメリカドル(USD)
  • ユーロ(EUR)
  • オーストラリアドル(AUD)
  • シンガポールドル(SGD)
  • 香港ドル(HKD)
  • 人民元(CNY)
  • インドネシアルピア(IDR)
  • フィリピンペソ(PHP)      と9種もの法定通貨を取り扱っている。

海外10か所の取引所と接続しているため流動性が高く、買値と売値の差が狭いため利用者にとっては魅力的なものとなっている。またメールなどでの対応も素早く、待たされることはそうない。取り扱っている暗号通貨の種類が多くないことが少し残念だが、安全に利用したい人にはおすすめな取引所となっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 幻冬舎、暗号通貨関連のWebサイト開設

  2. BIS総支配人、ビットコインは「バブルと詐欺行為と環境破壊の組み合わせ…

  3. 富士通研究所が取引性能を高速化させる技術を開発

  4. Binance、世界を制する取引所へ

  5. 政府、キャッシュレス決済時2%還元検討

  6. OKコインが取引手数料の変更をキャンセル、コインデスクが報じる

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ